FC2ブログ
Archive
5日のデモはフランス全土で80万~100万人が参加(CGT労働総同盟の発表は150万人)。
政府の予想(25~30万人)を遥かに上回った。

パリ東⇒レピュブリック広場⇒ヴォルテール大通りを通ってナシオン広場、の4.4㎞のデモコース。
人が多すぎて前に進めないので予定よりずいぶん遅れてゴールに到着した。

パリ、12/5の年金改革反対デモ
photo:france bleu

SNCF(国鉄)とRATPは少なくとも9日(月)までスト延長を決め、マクロンにとって形勢は不利になってきている。

このデモ&スト、外国のメディアには「フランスの不思議」のひとつ。
「68年5月革命から、激しい黄色いベスト運動まで、ストと抗議はフランスの特徴として知られている。車に放火したりウィンドウを壊したりの暴力に、これほど寛容な国は民主主義の欧米諸国にない」
「外国、特にアメリカから見ると、マクロンの提案する年金改革は決して急進的ではない」とワシントンポスト。

NYタイムズは「先進国の中で、フランスの定年年齢は最も低い国のひとつ、年金額は最も高い国のひとつ」なのに、この抗議。
それは「マクロンは、決断する前に大衆の声を聞く、と言っていたのに、結局、上から下に強制する形になったから」
つまり改革の中身でなく、やり方に問題あり。

確かに「職業によって特権的年金制度(42もある)を止め、国民に共通の年金にする」というだけで、具体的な中身を発表しないのが労組の不満・不安を膨らませた。

「伝統的なフレンチパラドックスがここにも見られる:国民の大多数がスト参加者を支持し、同時に年金改革も支持している」というのはロンドン・タイムズ。

「ストが続かなければ、不人気な大統領は戦いに勝つが、国民の信頼を取り戻すという重い任務に専念することになる」
もし負ければ?
「紛争の絶えない長い冬に突入する」

結局「フランス人はデモ・ストが好きで、変化を嫌悪する国民」に要約される。
変化が嫌い、というより一度勝ち取った権利は、いかに状況が変わろうと失いたくないのだ。

日本ほどではないけど、フランスの老人人口は増える一方。フィリップ首相によると、今のままの年金制度では、2025年に79憶~172憶€という膨大な赤字になる。年金改革は必然なのに。

ところで、外国メディアが観た「フランスの不思議」はけっこう面白い。
例えば「どうしてバゲットの袋はパンの長さより短いのか?」とか、
「風采の上がらぬ政治家(ニコラ・サルコジ、フランソワ・オランド・・・)がなぜ美しい伴侶をゲットできるのか?」とか。
全くおっしゃる通り。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ