FC2ブログ
Archive

いい加減でスト終結?

ニュースに繰り返し「アージュ・ピヴォ」という言葉が出てくる。Age pivot/軸年齢=64歳。
年金改革案反対の理由のひとつだ。64歳まで働け、ということだろうけどそれだけではなさそう。
第一、この改革案はテクニカルでわかりにくい、政府の説明が足りない、と批判されている。
今さら人には聞けないし、と探したらル・モンドの解説が簡潔だった。

現在の制度では62歳から定年退職していい。でも年金額は満額とは限らない。
加担料を納めた期間が、法が定める43年間より短い人は、最初年金が減額され、67歳で自動的に満額になる。

改革案は、分担金を払った期間ではなくポイント制にし、同時に67歳満額もなくなる。
その代わり64歳を軸年齢にし、
-64歳以下で退職した人は年金減額。
-64歳以上で退職した人にはボーナス。
つまり2年余計に働けばご褒美が出る。

ポイント制なので、遅くから働き始めた人や、仕事を転々とした人には有利なシステムと言われる。
この案に猛反対しているのは、早くから(20歳前から)働き始め、現在の年金制度では62歳で定年できるはずの人たち。
62歳で退職すれば減額になり、満額のためには2年余計に働かなければならない。

お隣のドイツで定年年齢は65~67歳。目下、この67歳を69歳に引き上げようという提案がされている。
平均寿命が延び、老齢社会になった今、引き上げは必然なのがわからんか?

土曜日にフィリップ首相はこの軸年齢=64歳を「一時取り下げる」と発表した。

FR3の20時のニュースに出た時、久しぶりでアップの顔を見た。髭の一部がメッシュのように白いのね。

フィリップ首相

ストを終結させるためには、どっちかが譲歩するしかない。
フィリップ首相は切り札を出したつもりだったけど、それでストの終わりにはならなかった。

労組は、イデオロギーの違いで色々組合があり、代表的なのがCGT、CFGT、FO、CFTC・・・
その中のCGTとFO(Force Ouvrière)が改革案まるごと撤退を要求し、スト続行を決める。

でもスト参加者はずっと下降線を辿り、SNCFで6%、RATPで4.3%。
12月前半のピーク時は、なんとSNCF運転手の70%がストをしていた。
スト中は給料が払われないから(いくらなんでも!)1か月半も続くと家計は苦しくなってくる。
「いち降りた!」と仕事に復帰する人が増え、メトロも殆どの線がラッシュ時だけ動いている。
けど、ラッシュ時だけじゃ困るのよ。今週の終わりにはフェイドアウトするのではないか、は希望的観測だろうか?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ