FC2ブログ
Archive
ニュースでQuarantaine(キャランテーヌ)という言葉が繰り返される。
「キャランテーヌ(40日間)の14日間を過ごしています」と聞くと、なぜ40日間が14日間なのよ?と混乱するけど、Quarantaineは14世紀、ペストが流行った時代に生まれた言葉。
ヴェネツィアで、病気の潜伏期に当たる40日間、疑わしい船を乗客・船員ごと港外に隔離して、感染者がいないか確認したことから“隔離期間”の意味になった。
コロナウィルスの潜伏期間は最長14日間と言われるので「“40日間”の14日間」になるわけ。なるほど。

金曜日、武漢からの軍用機で送還されたフランス人約200人は駐在員、旅行者にAFPの記者3人。空港で検査を受けた彼らが、どこに収容されたかというと、マルセイユ近くのCarry-le -rouet郊外のバカンス村。
実はこの町の町長さんは直前まで知らされず、「ジャーナリストから聞いた」と憤慨していた。

武漢帰国者、コートダジュールに隔離
photo:franceinfo

使われていない兵舎が候補に挙がっていたらしいが、政府は「これは隔離で、拘留ではない。14日間過ごすんだから快適な場所を」とバカンス村を選んだ。
入り口は憲兵が見張っていて外出禁止、家族にも会えない。でも施設の中では一日2回の検温があるだけで自由。自分の国に戻ってホッとした人たちは、「5月の気温」という異常気象のコートダジュールで、赤十字の職員とバレーボールをしたりしているそうだ。

武漢帰国者、コートダジュールに隔離
photo:franceinfo

日曜日についた第二便の帰国者は、やはり風光明媚なエックス・アン・プロヴァンスに隔離された。

一方、日本は「人権侵害に当たり、法的にも権限がない」と隔離していない。
「少なくとも2週間は外出を控えていただくようお願いをするとともに、定期的に健康状態をフォローアップしていきます」
人権侵害と感染予防は別問題なのでは?
第一帰国者の感染者3人のうち2人は帰国後症状がなかったわけでしょ?

フランスで感染者が当初の6人で止まっているのは、一重にこの隔離予防対策のお陰。今まで批難されるばかりだった政府も、この措置には「よくやった」の声が高い。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ