FC2ブログ
Archive
夕食の準備をしているとこへ立ち寄った友達が、レンズ豆を見て、
「ロト(宝くじ)を買うの?」
「??」
彼によると、レンズ豆を食べると宝くじに当たるという言い伝えがあって、彼の奥さんは毎月ついたちにレンズ豆を煮るそうだ。
「確か出典は旧約聖書だ」と夫。
旧約聖書の時代にロトなんかあるわけないでしょ、と調べたら、こういうことだった:
イサクとリベカには双子の息子、エサウとヤコブがいた。ある日、兄エサウが狩りから帰ってくると、弟ヤコブがレンズ豆を煮ていた。
「腹が減って死にそうだ、それを食べさせてくれ」とエサウが頼むと、ヤコブは、
「長子権を譲ってくれたら食べさせてやる」(ただしこの会話は私の想像)

レンズ豆 聖書

エサウはあっさりと弟に長子権、つまり相続権を譲ってしまう。この時代は長子が親の財産を受け継ぐことになっていた。
あまりにも損な取引。
お腹が空きすぎて頭が働かず、レンズ豆と相続権を秤にかけられなかったのか?
親から大して相続するものがない、と思っていたのか?
とにかく。この逸話から『レンズ豆一皿で魂を失う』という表現(知らなかった)が生まれた。

そこから派生して、『レンズ豆を食べるとお金持ちになる』と言われるようになり、イタリアでは元日にレンズ豆を食べるそうだ。
それがさらに変形して、『レンズ豆を食べると宝くじに当たる』になったらしい。
変形し過ぎ・・・でもレンズ豆を作ったからには宝くじを買うべきだろうか?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ