FC2ブログ
Archive

12個の地雷

28日、45回セザール賞、最優秀作品は『レ・ミゼラブル』が取った。

セザール賞セレモニー2020
photo:next.liberation

移民受け入れの歴史を持つフランスで、彼らの同化の難しさを描いた作品、同じ28日、日本で封切りになった。
コロナ感染に怯えるこの時期に日本公開は残念だ。
移民2世の若い監督の、しかも処女作が受賞したのは素晴らしいけど、セザール賞セレモニーは、“地雷原の上を歩く”4時間。
地雷は12個あり、その名前はロマン・ポランスキーだ。

1977年、アメリカで13歳の少女にドラッグを飲ませ暴行した廉で有罪判決になり、42日間の拘留後、国外脱出。パリに移住した。その後もあちこちで「未成年のとき性的暴行を受けた」という訴えが起こりポランスキーは「記憶にない」とか「でっちあげ」と言っていたが、#Me too運動で再燃。彼が野放しになっていることへの非難が高まっている。

そのポランスキーの最新作『J’accuse /An officer and a spy』がなんと12部門でノミネート、そのせいでセレモニーに欠席を決めた俳優、スタッフも多かった。
「12回、危険な瞬間を孕んだ」セレモニーの司会はフロランス・フォレスティエ。
彼女は今一番人気のユーモアタレント。「ポランスキー(右)、賞を取らないでおくれ・・・」

セザール賞セレモニー2020
photo:purepeaple

外には会場に侵入しようとするポランスキー告発の団体が警察に阻止されている。
最優秀衣装、オリジナル音楽、背景、録音、助演男優、主演男優・・・と、受賞者の名前を書いた紙が開けられるとき会場は緊張し、ポランスキーじゃないとほっと緩む、という繰り返し。

最優秀主演女優はアナイス・ドゥムースティエ(好きな女優さん!)
今年は脚スケスケのロングドレスが目立った。これはDior。グラマーな人は着れないわね・・・

セザール賞セレモニー2020
photo:purepeaple

3時間経過したとき『J’accuse /An officer and a spy』は最優秀衣装、最優秀脚色をとっていた。
ポランスキーはもちろん、出演者、スタッフは反応を恐れて全員欠席。セザールの彫像は速やかに“関係者”の手に渡ってステージから消える。
ここまではよかったけど、上から2番目の最優秀監督賞は「ロマン・ポランスキー!」と名前が呼ばれたとたん、アデル・エネルが「恥だ!」と言い捨てて席を立つ。

セザール賞セレモニー2020
photo:JDD

彼女は12歳の時、他の監督に性的暴行を受けたことを明かし、性的暴行告発の旗頭になっている。何人かの俳優やスタッフがそれに続いて席を立った。
肝心の最優秀作品賞は『レ・ミゼラブル』がとり、会場はホッとして沸いたけど、なぜ監督賞を性犯罪者に?という疑問と怒りは最後までくすぶっていた。
『レ・ミゼラブル』は、最優秀新人男優、モンタージュと3つの賞を獲得。
この作品を観て欲しいから、というわけではないけど、コロナが一日も早く収束することを願いつつ・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ