FC2ブログ
Archive

コロナ:ウソとホント

ラジオFranceinfoで毎日、救急医が視聴者の質問に答えるコーナーがあって、なかなか役に立つ。
例えば、
コロナ感染者の吸うタバコの煙を吸って、感染することがあるか?
まさか・・・と思ったけど、医師の答えは「あり得る」。

固形せっけんより液体せっけんを使った方がいい?
これも「ウィ」
理由は、固形せっけんは複数の人が使う(ひとり暮らしを除いて)。感染している人が手を洗ったあとにウィルスが残っている可能性がある。コロナウィルスは湿った表面の上でより長く生き延びる。

ドアの取っ手を消毒する必要があるか?
これも「ウィ」 。
コロナウィルスは銅(真鍮)の上で4時間、カートン上で24時間、プラスチック、ステンレス上で3日間生き延びると言われる。
ただし感染力は時間が経つうちに失われる。

うちの猫に触るのは危険か?
「ノン」(ホッ)。飼っている動物が媒体になった例はない。
確かアメリカで犬が感染したというニュースを聞いた気がするけど、あれは夢だったのか?

一番の気がかりはマスクの効用だ。
フランスでは感染者以外、マスクをする必要はない、と繰り返し言ったいるけど、信じがたい。
感染者がウィルスをばら撒かないために有効なら、感染していない人の予防にも有効なはず。だって一方通行のマスクなんてないでしょ。日本ではみんなしてるし。
東京にいる息子と話したら「それはフランスでマスクが足りないからじゃないか?」
「!?」
そんな簡単なことに気づかなかったのは私だけかも。
フランスでは医師・看護婦に十分なマスクがないから一般の人には「必要ない」と言っているわけ?
本当に感染予防になるというmasque ffp2 3mは目下どこでも品切れになっている。
masque-de-protection-ffp2-3m-p-320432-450x450.jpg
これ以外のマスクは役に立たない、ということか?
でもマスクをしていると安心する。不穏な日々、精神的な効果も大切だ。

目下、息子は東京、娘は友達と田舎、夫とわたしはパリ、と3か所に別れている。
「飛行機3機に乗り別れているようなもんで安心だ」と夫。

みなさん、どうぞ気をつけて。前代未聞の世界的伝染が一日も早く収まるように願うばかり・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ