FC2ブログ
Archive

春なのに・・・

「3月の雹/giboulée de mars」という表現まであるのに、毎日きれいに晴れる。皮肉なことに。
この天気なら、冬ごもりしていた虫たちがゾロゾロ出てくるように(啓蟄!)道もカフェのテラスも人で一杯のはずなんだけど。

いつも渋滞していたバスティーユ広場

パリ、バスティーユ広場

ヴォージュ広場。カフェの代わりに公園に人が集まったので、鍵がかけられた。

パリ、ヴォージュ広場

幽霊都市のようなパリは「いつもと違う魅力がある」という人もいるけど、やっぱり異常な、哀しい風景だ。
やっと春が来たのに。

地上階のうちのアパルトマンも、春分の日から陽が差す。

陽だまりを探す猫たち。タマは”デッキチェア”で

タマ

リュリュ!踏んづけそうになったじゃない!

リュリュ

娘は友達2人と田舎に籠っている。
「庭の桜につぼみ!」

田舎の空は青さが違う。

cerisiers Spoy2 (3)

東京の桜の写真は息子から送られてきた。

東京の桜

今年は花見の酒宴もないし(ないでしょ?)桜も拍子抜けしているでしょうね。
せっかく咲いたのに・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ