FC2ブログ
Archive
と言ったのはわたしではありません。4月末のアンケート調査によると、約10人に1人(11%)が、一緒に籠っている彼(女)に愛想をつかしている。
そのうち7%は「一時的に別居したい」「再び隔離になったら一緒に籠りたくない」。4%は「決定的に別れたい」!
「こいつとはもう暮らせない」と感じるのは女性のほうが多く(13%)、理由は、家事や子供の世話の負担が、圧倒的に女性にかかっているから。

隔離とカップル

それはウチも一緒だ。夫は昨日から真鍮のオブジェや電気スタンドを磨いていて「忙しい」と言っている。
スタンドがピカピカになるのは喜ばしいけど、それで「家事を手伝う時間がない」という理屈になるのだ。
つまり、自分のやりたいことしかやらない。お風呂の掃除して、というと途端に機嫌が悪くなる。

今、営業が全然できない、つまり収入ゼロの不動産屋がけっこう楽観的なのはこのせいだ。
「隔離後に離婚や別居が増えますから、今まで住んでいたアパルトマンを解約して(または売って)2つ借りる(または買う)ことになります」
と、ニュースのインタビューを受けた不動産屋の女性。
「それにベビーブームも来るでしょうから、子供部屋のあるもっと広いところに引っ越そう、というカップルも増えるはず。ホッホ」

しかし。アンケートによると、予想されたほどのベビーブームはなさそうだ。
隔離になってから「やりたくない」「やってない」という人が44%。隔離前(26%)よりずっと増えた。

好きな相手でも24時間一緒にいて、他の人に会えないとストレスになり、それが2か月も続けば一触即発になるんでしょうね。
うちも些細なことから大喧嘩が勃発する。どっちかがドアをバタンと閉めて出ていき(でも、外出許可証を忘れて戻って来るので、さらに腹が立つ)どこか歩き回って、頭を冷やして帰ってくる、というパターン。
隔離とカップル生活は全く相容れない、ということ。
「2度とアンタの顔は見たくない」などの捨て台詞に、「2度とアンタと籠りたくない」が新しく加わった。
あといーくつ寝ると5月11日・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ