FC2ブログ
Archive

この夏、海にたどり着けるか?

「バカンスに行けます」とフィリップ首相が宣言したのはいいけど、100㎞という壁が残っている。
Vol d’oiseau/鳥の飛び方で(=直線距離で)100㎞。鳥はまっすぐ飛ぶので(言われてみると右折、左折している鳥は見たことがない)こういう詩的な表現をする。
でも首相が「行けます」と言うからには、100㎞制限はそのうち解除になるということではない?

ほぼ毎年借りている南仏のアパルトマンを予約したけど、まだ前金は払わなくていいと言われている。実現するためには3つの障害をクリアしなければならないからだ。
①はこの100㎞。

②海水は大丈夫か?
Covid-19は湿った表面で長生きするそうだし、海水には飛沫がたくさんありそうではない?
と心配している人は多い。ナントの海洋開発インスティテュートが20か所の海水と牡蠣とムール貝を調べた結果が21日に公開された:なんと「SARS-CoV-2(新コロナウィルスの科学名)の存在はなかった」
海水の浄化作用と塩のお陰とか。自然は素晴らしい!
「危険ゼロとは言えないけど、海水で感染する可能性は極めて低い」そうで、これで海に一歩近づいた。

③「活動的海岸」:あちこちの海岸が開いたものの、今のところ、泳ぐか、サーフィンするか、走るか、歩くか・・・つまり活動しなくてはいけない。座ったり寝転がるのは禁止なのだ。
大西洋側はサーファーも多いけど、地中海側は過半数が寝そべったり座ったりグダグダしている。

se baigner cet ete
photo:France Bleu

一日中浜辺に座って孫のお守りをしているおじいちゃんおばあちゃんに、泳げとか走れなんて言えないでしょ。

第一、Vacanceは空っぽという意味、“何もしない”のが正しいのに。
というわけで、現段階では①と③の障害が残っている。いや、①は解除になるだろうから③がネックだ。
ああ、海が見たい・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ