FC2ブログ
Archive

フランス映画の大物がまたひとり・・・

3年くらい前、郵便局で並んでいた時、隣のおじいさんに「こっちのカウンターでいいんですか?」と聞かれ、「ええ、一般用はこっちです」と答え、顔を見たらミッシェル・ピコリだった。
わたしはコーフンし、後ろにいた20代後半女性に「ミシェル・ピコリよ!」と囁いたら「それ、誰ですか?」と言われ、フランス映画の大物俳優を知らんのか!と内心思ったものだ。

ゴダールの『軽蔑』で、全裸でベッドに横たわり「わたしの脚が好き?」「わたしのオシリが好き?」と迫るブリジット・バルドーに「ウィ」「ウィ」と熱意なく答えていたポール。
クロード・ソーテの『すぎさしり日の・・・』では、まだ未練がある妻(レア・マッサリ)と、少し重くなってきた愛人(ロミー・シュナイダー)の間で揺れるピエール役。
そのほか『小間使いの日記』『ロシュフォールの恋人たち』『昼顔』『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』など60年代からフランス映画に欠かせない名優。美男ではないけど圧倒的存在感があった。

そのミッシェル・ピコリが5月12日、94歳で亡くなっていた、と家族が1週間後に発表した。

ミッシェル・ピコリ

高齢だけに準備万端できていたみたいで、すぐ追悼番組や作品集がテレビにかかり、昨日は『Une Etrange Affaire/奇妙な出来事』を観た。ピエール・グラニエ=デュフェールの1981年の作品。日本未公開。

妻ニナ(ナタリー・バイ)と暮らすルイ(ジェラール・ランヴァン、左)は、パリのデパートのマーケティング担当。ある日、デパートが買収され、収益向上のためやり手のベルトラン(ミッシェル・ピコリ)が送り込まれてきた。

ミッシェル・ピコリ

家族もなく、頭の中は仕事だけのベルトランは、ルイに目をかけ広報責任者に抜擢する。その代わり休暇は取り消し、残業も多くなり、ルイの私生活にまで侵入してくる。

初期の松田聖子みたいなヘアスタイルのナタリー・バイ

ミッシェル・ピコリ
photos:allociné

妻のニナは「わたしたちの生活が滅茶苦茶」と警告を発するが、「ベルトランがぼくを信頼している証拠だよ」「ぼくの将来がかかっている」とルイは取り合わない。
ニナはついに出て行ってしまい、ルイはベルトランのうちに泊まり込みで24時間つき合うようになる。そして年末、ミッションを終えたベルトランが外国に発ってしまうと、心身ともに路頭に迷うのだ・・・
というお話。
傑作というわけではなく、タイトルのように”奇妙な”作品。そして感想が夫と全然違う。
私生活が仕事に侵食され-日本妻は我慢するだろうけどフランス妻は愛想をつかせて出て行く-仕事一色になり、カリスマ上司がいなくなると路頭に迷う、というのは日本でありそう、とわたしは感じた。
夫は、ルイは仕事というより、ベルトランの人物に魅せられた。性的なものはなくても一種の同性愛だ、と。
育った環境や経験で観点が違うのは時に腹が立つけど、時には「そういう見方もあるのね」と面白い。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ