FC2ブログ
Archive

再びビズをするようになる?

さっき、女の子2人の再会場面に遭遇した:「○○!」「××!」名前を呼んで駆け寄り・・・1m弱の距離でピタリと立ち止まり、もどかしそうに笑った。
抱き合って頬っぺたにビズ(キス)し合あう、言葉では置き換えられない愛情表現なのに、それができないもどかしさ。

握手の起源は「わたしは武器を持っていない=仲直り」を示す行為。握手をする右手には元来、武器が握られていたからだ。

グラスを合わせて乾杯するのは、お酒に毒物を入れるのが横行した中世に始まった 「飲み物に毒は入っていない」ことの証。
グラスをぶつけ合ったとき、中身が飛び散って、相手のグラスに入るからだ(そんなにうまいこと入るかね)。

両頬のビスは「相手が病気だったらうつる距離まで接近する=信頼の証」だそうだ。

coronavirus-bisous-de-loin.png
image:ptit libé

何気なく繰り返していた“親愛”の行為は、武器、毒、病原菌・・・と物騒な起源だったのだ。

ビズとひとことに言っても、地方によって回数が違い、

フランス、ビズの回数


どっちの頬を出すかも違う。青=右頬、赤=左頬。ややこしい・・・


フランス、ビズ


ラジオで政治評論家やジャーナリストが「再びビスをするようになるだろうか?」を真剣に討論していた。
答えは「ウィ」
その代わり、仕事場のビズ(義理ビズ)はなくなり、家族や親しい友人間の“本来のビズ”が生き残るのではないか。
それはよいことだ。日本のバレンタインデーに義理チョコを廃止し、本当に好きな人だけに贈る、つまり本来の慣習に戻ったら、人生よりシンプルになると思いません?
わたしたちはあまりに機械的にビズをするようになっていた。サルサのクラスでは名前も知らない人とチュッチュッとするのが当たり前になっていた。コロナのお陰(?)で家族や親しい友達との、つまり感染していないと信頼できる人とのビズが生き残るのは賛成だ。
他の番組(国営放送)では、今はマスクとサングラスで、みんな“顔が見えない”し、すれ違うときは歩道を変えたりするので人間的ではない、という話をしていた。
「道でナンパするのは再開するでしょうかね?」
「するでしょう。でもその“次の段階”に進む時、今までより考えるんじゃないでしょうか」
そんなことをマジで討論してるの!?と言われればそうだけど、コロナウィルスはこれまでの人間関係を、その潤滑油であったスキンシップを不可能にしてしまったのだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ