FC2ブログ
Archive

誕生日の涙

昨日はわたしの誕生日だったんだけど、家族のほぼみんなが忘れていて、朝からむくれていた。
隔離中に娘と夫の誕生日があり、わたしのはウェイティングリストの3番目とはいえ、「おめでとう」くらい言ってよ!

そこへ親しい友達から、
「たかこ
わたしの大切なパックが昨日、心臓まひで亡くなりました。2週間具合が悪そうで、心配していたけど、とうとう・・・
あなた、いつもパックは元気?って聞いてくれたから、わたしがどんなに落ち込んでるか分かってくれると思って。
ジャン=ルイが逝ってから、パックに助けられて生きてきた気がします。
マリー」
というメールが来た。
マリーの夫、ジャン=ルイは2年前、白血病で急死した。
ジャン=ルイとは同じオフィスにいたこともあって、とても仲良しで、いつも大晦日の夜はうちで一緒に過ごす約束をしていた。
2年前の大晦日の前日、
「めちゃくちゃ疲れて一日ベッドにいる日もあるんだ。マリーも調子がよくなくて明日は行けそうもない。年が明けてから会おう」
と電話があり、
「じゃ、好きな日本酒一本とっとくわね」
と話したのが最後になった。

彼らは子供がいなく、マリーはスコッチテリアのパックと思い出の詰まった家に残された。
パックは死なないで欲しい、とマリーに会う度に祈ったものだ。

パックと聞くと「お刺身パック」とか連想してしまうけど、『真夏の夜の夢』に出てくる妖精の名前でPuckと綴る。
chien ecossais
だからメールを読んで涙が止まらなくなった。

わたしの泣きはらした目を見て、娘は「誕生日を忘れたせい?!」と勘違いして、慌てて東京の兄貴に電話し、息子が「おめでとう!」と電話してきた。涙の副産物。
その後、サルサのコーチや、いつも誕生日によんでいる友達が電話してくれて(「家族が忘れてた?けしからん!」)「むくれ」は解消したけど。パックを失くしたマリーの心境を思うと、黒猫アナイスが逝ったときの喪失感に重なり、一日涙が出た。

アナイス

真夏のような太陽に浮かれる休日(ペンテコステ)とは裏腹の・・・セ・ラ・ヴィ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ