FC2ブログ
Archive

連続スキャンの続き

喉が渇いていないのに水半ℓを一気に飲むのはけっこうシンドイ。
〇検査の1時間前に半ℓの水、さらに半ℓを持参すること。
〇検査の3時間前から何も食べないこと。
と言われている。

お昼抜きで放射線センターに着くと、受付の女性は「水は飲んだか?何も食べてないか?」と肝心なことは聞かず、
「アラ、あなた先週も来たわね」
好きで来てるんじゃないんですけど。

レピュブリック広場近くのこの放射線センターCSEは、レントゲン、スキャン、超音波検査、MRI(核磁気共鳴画像)・・・デジタル医療画像なんでもOKで、お医者さんのお奨めリストに入っている(逆にブラックリストもある)。

スキャンの部屋に入ると、女医さんがわたしのセーターとブラを見て、
「これなら取らなくていいですよ」
セーターは脱ぐと思ってせっかく綺麗なブラをしてきたのに・・・
肝臓スキャンはヨウ素の点滴とセットになっている。立体的に見えるから、だそう。ヨウ素の3D効果。
「身体の中が熱くなりますけど心配しないで」
なるほど点滴が始まって間もなく喉の中が熱くなってきた。熱さが下に降りていく。痛くも痒くもないけど奇妙な感覚。
準備している間、レントゲン技師と女医さんがお昼に何を食べたか話している。
こっちはお腹が超空いているのにそういう話はやめて欲しい。

「息を吸って、はい止めて」とマシンが言うのに従って、出たり入ったり。10分くらいで終わった。

radiologie-Scanner.jpg

「ヨウ素を排除するために、今日明日はたくさん水を飲んでください」

その後、結果待ちがちょっとドキドキだったけど、
「良性です」と言われたときは本当にホッとした。
肺のときはあまり心配しなかったけど、肝臓になんじゃらと言われたのは初めてだ。
「・・・でもたくさんあります。ひとつは大きいし」
この先生は最初に安心させて、後から不安にさせるのね。
「たくさんあるって原因は何ですか?」
「さぁ・・・」
レントゲン医は画像を読むのが専門で、後は消化器系のお医者さんに診てもらえということか。
今日のところは「良性」とわかっただけで、めでたしめでたしでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ