FC2ブログ
Archive

田舎に来た理由

のひとつは、娘が隔離中に手懐けたソーシスに会うため。

おお、君が噂の!

IMG_20200625_093043.jpg

小柄で、アイラインで縁取りしたようなアーモンド型の目。若く見えるけど、ご近所の話では「何度も子供を産んだ」高齢マダム。
ソーシス(ソーセージ)は可愛い名前だけど、そんなに丸々していない。

最初は警戒していたけど、すり寄ってくるまでそんなに時間はかからなかった。動物は動物好きをすぐ嗅ぎとる!

娘はソーシスに会うため、せっせと田舎に通ってくる。パリの猫、タマには内緒で。つまり本宅と妾宅を行き来しているようなもんだ。ま、ソーシスは雌だけど。
庭にはバラが咲き、

IMG_20200626_162501.jpg

IMG_20200625_121639.jpg

隔離中に始めた菜園にはニンジンやトマトが育ちつつある。
オゼイユ草は、鮭のソースによく使われる。オムレツに入れても美味しい。

IMG_20200625_121429.jpg

オレンジの花はなに?
「害虫に食われているんで害虫除けのインド・カーネーションよ」
何でそんなこと知ってるの?

まだ小さいサラダ菜。ミネラルウォーターの逆さま瓶は留守の間、水をやる”システム”。

IMG_20200625_121521.jpg

娘は病気のバラを介抱したり、ひな鳥が巣箱から飛び立つのに立ち会ったり。
でも自然は美しいばかりじゃない。ハエが多くて、家中、何十匹も飛び回っている。
大胆にも顔や腕にとまるので、静かに本を読むこともできない。その上、すぐに卵を産む。
わたしがソーシスにやったキャッツフードの缶詰をテーブルの上に放置していたら、
「ダメ、すぐ冷蔵庫に入れないと、中に卵を産むから」
!!!
そして隔離中の恐ろしい体験を話してくれた。一緒に籠った友達のひとりがビールをよく飲んで、空き瓶を物置に並べていた。
田舎にゴミ集配車はなく、自ら村のゴミ捨て場に捨てに行く。
瓶が溜まったので、そろそろ捨てに行くか、と物置に行くと、
「瓶の中に白いモノがたくさんうごめいてるのよ」
ギャー!
「ハエがお酒好きとは知らなかった」
「お酒は糖分だから、糖に惹かれて瓶に入ったのよ」
パリでは酒瓶を少し溜めていてもそういう事態にはならない。
自然がコンクリートに閉じ込められず、むき出しで、すぐ近くにあるということだ。

でもハエの害を差し引いても、初夏の田舎の美しさは圧倒的。空は青さが違い、緑の濃淡のニュアンス、夜は満天の星。
外で食べるご飯の美味しさ。娘が「最高の隔離だった」と言うはずだ。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ