FC2ブログ
Archive

暇つぶしフランス語

春の隔離の時、フランス語綴りのオンラインレッスンに登録して、アララ、間違って覚えていた綴りがこんなにあったのね、とびっくり。毎日送られてくる問題に回答して送ると、すぐ点数と正解が送り返されてきて、9割はできている、と思っても現実は厳しく、前日よりいい点取りたくてちょっとズルしたり・・・と楽しかった。

そのサイトの番外編で、フランス語の(突拍子もない)イディオム解読というのがあった。
例えば:
Se prendre un râteau
Râteauは熊手。文字通り訳すと「熊手を受ける」、本当の意味は「口説こうとして失敗する、ふられる」。知らなかった。
起源を調べてみたら、庭師が運悪く熊手の上を歩き、立ち上がった柄で殴られる、というギャグがモトという説。ちょっと苦しくない?

Poser un lapin

lapin-v2.jpg

これはよく使われる。暮らし始めた当時は文字通り「ウサギを置いていく」と取って、「で、そのウサギ食べたの?」と聞いて笑われた。意味は「約束をすっぽかす、待ちぼうけを食わせる。」

Etre fauché comme les blés
Etre fauchéは「文無し」という意味で日常使われるけど、comme les blés(麦みたいに)がつくと、一文無し、すっからかん、という意味になるそうだ。
これは起源がわかりやすい:文無しの人と、麦がすっかり刈り取られて何もない畑のメタファーですって。

Courir sur le haricot

haricot-visage-3.jpg


インゲン豆の上を走る→ウンザリさせる、困らせる。
19世紀、Courir(走る)には“うるさがらせる”という意味があり、haricotは足の指の俗語だったそうだ。・・・という全然納得できない起源説。
インゲン豆の表現では「C’est la fin des haricots=万事休す、世界の終わり」がよく使われる。
一世紀前、寄宿舎で食料がないとき、生徒たちにインゲン豆を配っていた(ほんとに?)。
そのインゲン豆さえ底をついた=万事休す、が起源。これは納得。

また“知らなくてもいいこと”を調べて、時間が経ってしまった・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ