FC2ブログ
Archive
11月23日。レピュブリック広場の難民キャンプを退去で、暴力的な警官たちの様子がヴィデオで流れた。まるで犯罪者扱い・・・。
IGPN(警察の警察)が捜査を始め、難民のひとりに足蹴りを食わせ転倒させた警官は処分扱いになった。

その後、パリ17区で黒人の音楽プロデューサーが警官たちに殴られるヴィデオが公開され、フランス中を駆け巡る。
“マスクをつけていなかった”という信じられない理由と、これでもかという殴り方に誰もがショックと怒り。
人種差別的発言もあったそうだけど、残念ながらヴィデオは音声無し。

paris-21-novembre-2020-michel-zecler-producteur-musique.jpg
photo:20minutes.fr

殴った警官4人が取り調べ、2人が「権力機関の人間による任意的暴力行為」で仮拘留になっている。

折しも「治安法案24条」が議論されている。この法案には“警官を撮ることを制限する”という項目があるのだ。
もしこの法案が可決されたら、上のような事件は明るみに出ないことになる。報道の自由はどうなるのか?

警官の暴力、法案24条に抗議する29日のデモは、国民の不安を伝える正当なデモであったはずだ。
でも三密どころじゃない・・・

Manifestation-contre-la-loi-securite-globale-le-28-novembre-2020.jpg
photo:liberation.fr

娘も友達数人と出かけていった。コースはレピュブリック広場からバスティーユ広場。
「広場には行かないでよ」と母。
「わかってる。脇道を歩くから。ヤバくなったら帰ってくるから心配するなって」

わたしも様子を見に出ようと思っていたら、娘たちは意外に早く逃げ帰ってきた。
「催涙ガスで歩けない!」
「出ないほうがいいよ。壊し屋がいるから」
ブラックブロックこと壊し屋が現れ、ウィンドウを壊し、車を燃やし、デモの正当性をつぶしてしまったのだ。
ああ、せっかく開店許可が出た初日に、デモのコースに当たった商店はお客が来ないばかりかウィンドウを壊されたり、落書きされたり・・・最悪。
でも、治安法案24条は書き直されることになった。

5年前、連続多発テロのあとの抗議デモに夫と参加した。多くの死者を出したテロの直後で、沈鬱なデモ。バスティーユ広場からナシオン広場にノロノロ進んいたとき、広場を取り囲む警官たちに自主的な拍手が起こり、いつまでも続いた。
あの時、警官は「わたしたちを護ってくれる」という信頼があったのに。
一部の警官のせいで、暴力的、威圧的という形容詞が浮かぶようになってしまった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング


スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ