FC2ブログ
Archive

宅配便の難:まだ上があった

上の階に住むオジサンが「たかこ、宅配便待ってない?」
答えはウィだけど、なんでその質問?
彼と一緒に建物の入り口に行くと、並んだ郵便箱の上に私宛の段ボール箱。ところが中は空っぽ・・・ひどい!
郵便箱に入らないと、ベルを押さずにこうやって置き去りにする配達人が多い。誰かが箱を空けて中身だけ持ち去ったということ?!

中身は義妹からのクリスマスプレゼント、Ultimate Ears Boom2というスピーカーだ。

UE boom2


義妹とはあまりに好みが違うので「選ばせずに指定する」ことになっている。
うっかり指定しないと、「転んでも着ないデザインのセーター」とか「100m先でも匂う香水」になり、夫は毎年、DVDのコフレ(今年はトリュフォー)と決めている。
わたしは義妹にこのスピーカーを頼み、楽しみに待っていた。

隣人オジサンとわたしが「ムカつく」「悪質!」と騒いでいるのを聞きつけた娘が、すぐネットで調べ、「この時期多いらしいよ」
クリスマス時期-しかも外出を控えてネットで買う人が増えている-配達人が置き去りにした小包を狙う泥棒が増えている。
「配達人が犯人のこともあるんだって。『箱を開けてみたら中身が気に入らないんで逃げていく配達人を目撃した』・・・」
アメリカでは入り口に防犯カメラを付けたり、ダミーの箱を置いて見張ったり(ネズミ捕りみたい)しているそうだ。

いつもボンジュールと言い合っている隣人の中に犯人がいるとは思いたくない。
「でもデジタルコードは?」と娘。
広告フライヤーを入れる人が次々に入って来るんだから、ドロボーが知っていても不思議はないでしょ。
わたしは義妹に知らせ、空箱の写真を送った。
しかし・・・盗まれた、と言って2つ目をゲットしようとする人もいるはず。空き箱の写真が証明になるだろうか?
義妹がクレームを送ると、しかるべき処置をする、という返事が来たから、売り手はそれほど性悪説ではないようだ。

2度あったことは3度目があった。諺は正しい。
わたしは宅配便とご縁がない、のも正しいみたい。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング




スポンサーサイト



足し算料理 VS 引き算料理

翌日25日の昼は、義妹のパートナー、ミシェルがChapon aux morillesを作る。
“フェットの翌日”は、朝寝坊して、好きなときに軽く食べたいところだけど、作ってくれるんだから文句は言えない。

シャポンは、肉が柔らかくなるよう去勢した雄鶏だ。普通の鶏の2倍くらいある。
Morille/アミガサ茸は、100g70ユーロ~の珍重なキノコ。春に生えるので乾燥モリーユが出回っている。

シワシワであまり美味しそうな外見ではない。
ある時「この保湿クリーム、シワ防止にいいんだって」と友達に言ったら、「あたしの顔がモリーユ茸みたいだって言うの!?」と憤慨された。

attention-morilles.jpg

時々手伝いながら、ミシェルの料理を観察していた。
まず雄鶏1羽を解体(これが大変)。
厚手の大鍋に玉ねぎのみじん切りを炒め、そこに解体した鶏を入れる。
ざっと焼き色がついたら、全体に小麦粉を振りかけ、なじませ、ノイリープラットを入れ、チキンブイヨンを注ぐ。

つまり、他の肉類の煮込みと変わらない手順なんだけど、ミシェルのレシピは、油の入れ方がハンパじゃない。
使い始めたばかりのサラダオイルの瓶が一挙に3分の2になった。
と同時の、キッチンの作業台は粉と油と野菜くずでグチャグチャ。彼は“料理をしながら片付ける”タイプかと思いきや、人は見かけによらない。誰が片付けるのよ?
ブーケガルニとセロリの茎を加え、蓋をして1時間15分。
しばらくするとノイリープラットと鶏と香味野菜が一体となったいい匂いがしてきた。
その間、ぬるま湯で戻しておいたアミガサ茸に取り掛かる。
アッと言うほどの量のバターをフライパンに入れ、アミガサ茸を炒め、ポルトワインを注ぐ。
それを大鍋に合体し、さらに生クリームをひと瓶。
所要時間3時間半。

拝借した写真。このシャポンはオーヴンで焼いたと思われる。

chapon-aux-morilles-et-vin-jaune.jpg
photo:femme actuelle

鶏は柔らかく美味、ソースは非常に濃厚。個人的には、クリームを入れる前に味見したソースの方が好きだった。
「なんか違う。ノイリープラットやポルトの味もしない」とミシェルが首を傾げるので、
「生クリームが多かった?」と言ってみたら、
「そうだ、それだ!」
美味しいんだけど、ソースがそれぞれの素材の味に勝ってしまう。そして、はっきり言って重い。
その晩はみんなお腹が空かなかった。

ミシェルのレシピは一時代前の足し算料理だ。近年は、ヘルシー志向&日本人シェフの台頭で、素材の味を生かす引き算料理になっている。
子供の頃、割烹着姿で台所に立つ叔母を見るのが好きだった。和え物のソースやすり胡麻を惜しげもなく捨てるので、
「なぜ入れちゃわないの?」と聞いたら、
「味のバランスが崩れるから」と言われたのを思い出した。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング


お義父さんが生きていた頃は、子羊の脚ローストがノエルの定番だった。
蝶ネクタイをした義父がそれを切り分ける。付け合わせは白インゲンの煮込み。
それが何年も続いた。のでわたしは、素材は同じ、料理法を変え、子羊のナヴァラン(煮込み)にする。

材料(6人分)
子羊の肩肉1.2㎏
ニンニク3かけ
玉ねぎ1/2個
ニンジン3本
カブ6~8個
小玉ねぎ(ピカール)20~30個
ジャガイモ(ラット種があれば最高)600~800g
グリーンアスパラ(ピカール)600g(一袋)
小麦粉大匙3
ブイヨン(チキンかビーフ)2個
ブーケガルニ(タイム、ローリエ、パセリ) 、クスクスのスパイス(好みで)
コンセントレートトマト(70gの缶詰)1

①厚手の煮込み用鍋にオリーブオイルを入れ、2つ切にしたニンニク、みじん切り玉ねぎを入れ2分くらい炒めてる。
そこへ2口大くらいに切った子羊を入れ、表面が色づくまで炒める。

②小麦粉を全体に振りかけ、肉をひっくり返してなじませる。
700ccのお湯で溶いたブイヨンを注ぎ、ブーケガルニを入れ、蓋をして約1時間(ここまでを前日にやっておくとラクです)。

③その間に野菜を用意:ニンジンはニンジングラッセにするように切り、カブは大きさにより2つか4つに切る(丁寧に面取りしたのに誰も気づかなかった)。グリーンアスパラ(ピカール)はややアルデンテに茹で、塩を振り、2つに切っておく。

④鍋にニンジンと蕪、小玉ねぎを(冷凍のままでも大丈夫)を加え、肉が十分柔らかくなるまで、2時間くらい煮込む。

⑤ジャガイモはラット種なら皮を剥かず2つ切り、その他の種は皮を剥き一口大に切り、塩、パプリカ、サラダオイル少々を振りかけ、オーヴンで約1時間。

⑥鍋にコンセントレートトマトを加え、アスパラガスを入れ、15分くらい煮て出来上がり。

写真を撮り忘れたので拝借。このレシピのようにグリンピースも入れても。

子羊のナヴァラン
photo:femme actuelle

*クスクス用スパイス(ナツメグ、シナモン、ジンジャー、クローヴのミックス)を入れるレシピもある。その場合、小麦粉と一緒に振りかける。
*ジャガイモは鍋に入れて一緒に煮る人が多い。ラット種は小さくて皮むきが面倒なのでオーヴンにしました。
*前日に最後まで作った場合(そのほうが味が染みて美味しい)は鍋ごと冷蔵庫に入れたほうがいい。

羊の肉の匂いが気になる、という方にはこのナヴァランをお奨め。羊自体が嫌いな場合、煮込み用子牛肉でも美味しくできます。

撮るのを忘れなかったアペリティフ:ミニピーマンのファルシ(ツナ&エシャロット&マヨネーズ、シェーヴルチーズ)、娘の自信作、ソーセージのパイ皮包み、オーヴン焼き)

IMG_20201224_203726_resized_20201226_045206311.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング










ネコ&人間の連係プレー

ネコたちは毎朝7時半に起こしに来る。最初はニャーニャー鳴き、こっちが「あと5分」と動かないと、前足で顔をひっぱたく。
「まだ夜じゃないの」(今は8時過ぎでも暗い)
仕方なく起きて朝ごはんをあげる。
ところが今朝は誰も来ないのでホッとしていたら、リュリュの足音。
廊下に置いてある砂箱で用を足すと、忙しげに去って行く。
わたしはガバと起き上がった。
ネコたちが「朝飯どころじゃない」理由はただひとつ:ネズミ。ネズミをどこかに追い詰めたのだ。
降りていくと果たして、リュリュが居間の隅で見張りをしている。古いステレオチェーンの後ろにいるらしい。
タマは-若いモノに見張らせて-離れて傍観している。
わたしの顔を見ると2匹ともご飯を思い出し、慌ただしくキャッツフードをかきこむと見張りに戻っていく。

「どっから入ってきたんだろう?窓は閉まってるのに」と娘。
どっかに穴がある?ネズミよけ超音波(↓)を買ってから出なくなっていたのに。


ultrasons-souris-rats.jpg
image:deratisation.com

そのうちリュリュが見張りを諦めたので、
「ネズミじゃなかったんじゃない?」
「クモかも」
と、安心していたら、ステレオをちょっと動かした娘が、
「鼻が見える」
「!?」
「ここから追い出して箱に閉じ込めて外に出そう!」
アンタ、いつからそんなに勇敢になったの?
娘はチーズのかけらを置いて、外に誘導しようとする。ネズミは動かない。
苛立った娘がステレオを持ち上げると、ネズミは全力疾走で・・・娘の部屋に逃げ込んだ。
「それはやめてほしい!」
娘は寝ていたリュリュを起こし、リュリュは張り切ってネズミを追いかけ、部屋の隅に追い詰める。
ネコと人間の見事な連係プレーで、ネズミは捕獲され、中庭に放された。
「雨降ってるけど・・・」と突然、同情を覚えるわたし。
大騒ぎするのがバカらしい、小さなネズミさんだったのだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



クリスマスはディジョンの義妹の家とうちと一年交代になっていて、今年はディジョンの番だけど、わたしたちは気乗りしなかった。
義妹は料理が嫌いで、結局こっちが作ることになる。去年もオードブルはわたしが作ってパリから運んだ。
一日早く行っていた夫が駅まで迎えに来て、
「メインは子牛のローストだけど、付け合わせにズッキーニ3本しかない」
食べる人は9人!
わたしたちは唯一開いていたアラブスーパーに駆けつけ、冷凍ピーマンとトマトを買い、即席のラタトゥイユを作った。
アペリティフには生のカリフラワー(ソースなし)だけ。わたしたちはそれをボリボリ食べた。
後日「あんな悲しいアペリティフは初めて!」と娘。

もうひとつの理由は、留守の間ネコの世話をしてくれる人がいないこと。
誰かがトンボ帰りで戻ってくるはめになる。

今年、息子は東京、彼女の長男はサンフランシスコで2人とも帰ってこれない。
次男のマキシム(先日一緒にパンツを買った)もパリに住んでいるので、わたしは力づくで“パリでノエル”を勝ち取った。ハハ・・・

お医者さんだった義妹は秋に定年退職した。年上なのに義妹と呼ぶのは日本語だとヘンだけど、夫の妹だからやっぱり義妹だ。
コロナでさぞ忙しかっただろうと思いきや、喘息持ちなので自宅勤務になり、お別れパーティもないままフェイドアウトのように定年を迎えた。
彼女へのクリスマスプレゼントはいつも頭を悩ませるけど、今年は光セラピーのランプ!を思いついた。
ビタミンDを強化してコロナ予防にもいい、とラジオで言っていたし、定年後の鬱予防にもいい。

光セラピーのランプ
photo:onmeda.fr

光セラピーのランプは数年前に子供たちからプレゼントされた。別にわたしたちが鬱だったわけではなく、うちが地上階で日照が少ないから、夏以外、毎日愛用している。
「でも持ってないかしら?」
「持ってない」と、時々義妹に家に行っている夫。
もっと身近な人間に聞いたほうがいい、と娘が言うので、マキシムに聞いたら、
「持ってるよ」
ガーン!
「いつ買ったの?」
「1年・・・もっと前かも」
画期的なアイディアが破たんし、振り出しに戻ってしまった。
残された時間は少ない・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング
17日、「マクロン大統領、コロナに感染」が伝えられると、待ってました!とばかりにこき下ろす野党たち。
「10人の昼食会をするなんて無責任」は急進左派France insoumise のエリック・コクレル
「エマニュエル・マクロンは用心が足りなかった。隔離されて頭を冷やせば、国民蔑視も少し治るのでは」と同じ党のフランソワ・ラファン。
極右Rssemblement Nationalのスポークスマン、セバスティアン・シュニュは
「“Arroseur arrosé(水撒きをする人が水を撒かれる)だ」
ホースで水撒きをしていたら、ホースの口がひっくり返って自分が水を浴びてしまう(バスタブをシャワーで洗っているとき、わたしもやる)という映画のシーンから生まれた古い表現。
「クリスマスの食事は6人まで」「ソーシャル・ディスタンス」とうるさく言うマクロンが感染してしまったのを皮肉ったもの。
極右と極左のマクロン叩きは珍しくないけど、感染者いじめは悪趣味だ。

国民の反応は「エマニュエル・マクロンも(自分たちと同じ)人間だった」が多かったそうだ。
ジュピテリアン(最高神ジュピターのように支配的な性格)と呼ばれるマクロンも病気になるんだ、と安心したのか、がっかりしたのか・・・
ブリジットもカステックス首相もネガティヴだそうで、一体誰にうつされたんでしょう?

一国の首脳ともなると会う人の数もハンパでない。
間もなく前大統領になるトランプ、ブラジルのボルソナロ大統領、イギリスのジョンソン首相もコロナに罹り、罹ったことで支持率を上げている。3人とも「コロナなんか怖くない」とマスクもせず、握手をしまくっていた。
マクロンは彼らのように「コロナ無視」を政策とするポピュリストではない。

ヴィデオに現れたマクロン大統領は、目にクマができ、やつれ顔。熱、咳、だるさの症状だそうだ。
「初めて人間味を感じた」(!)という声もあり、感染したことで支持率アップできるだろうか。

マクロン大統領、コロナ
photo:l'Express

クリスマスにこの部屋から出られるか、微妙なところ。お大事に・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング






土曜日の夕方、甥っ子のマキシムとメンズショップのはしごをした。
彼は医学部を出て、お医者さんにはならず“公共衛生”を選んだ。
1年間パリの健康省での研修が決まり、先月ディジョンから引っ越してきたばかり。
8月末の誕生日に「パリに来るならプレゼントは一緒に選ぼう」と約束したのを忘れかけていたら、「いつ一緒に行ってくれる?」と電話してきたのだ。

マキシムは待ち合わせ場所に、高校生の時と変わらぬ恰好で現れた:ブルゾンにくたびれたストレートジーンズ、5分おきに紐がほどけるテニスシューズ。彼は服に無関心、全然おしゃれじゃない。
「何が欲しいの?」
「パンツ。黒と濃紺しか持っていないから明るい色のが欲しい」
「仕事に着ていくヤツ?」
「そう。同僚たちもネクタイなしのスーツだけど、どっか違う。パリっぽいっているか・・・きちんとしてるようでくだけている。だからぼくが浮いちゃう」
ははぁ、沈みたいのね。

こういう感じ?

costume-bleu-marine-casual.jpg

まずBHVメンズ館を見る。昔は日曜大工が好きなオジサンたちのデパートだったBHVは、今や地元のお洒落なゲイたちがターゲットだ。
したがって高級、中級の上ブランドばかりで、Sandroのウールのパンツが250ユーロ!
ジョギングパンツのようにウェストゴムになっているのは少し安いけど、お洒落上級者じゃないとただのジョギングパンツになってしまう。
「ワードローブが足りないなら、この値段でパンツ2本買ったほうがいいでしょ?」
と言うと、「そのほうがいい」
ZARAを駆け足で見て(何もなく)、ユニクロに行きかけて、そうだ、今コロナで試着できない。じゃCelio Clubに行こう。
結局、Celioでベーシックなパンツ2本、クラシックではあるけど、なかなか似合っている。
「2点お買い上げの方、3点目タダ」セールを利用して“アイロンかけが簡単なシャツ”を買い、合計がSandroのパンツ1本よりやや安かった。

マキシムは健康省で、コロナに関する統計&分析のチームにいる。最前線!
日本の感染者、死者の少なさについて聞くと-「民度が違う」などとはもちろん言わず-「まずテスト数が圧倒的に少ない」
「でも死者数はごまかせないでしょ」
「確かに。フランスは肺疾患で亡くなった人の数を全部“コロナの死者”として勘定してる」
「なぜ!?コロナ死者が増えて不利じゃない。現場のお医者さんに判別する時間がないから?」
「そう、だからコロナの死者数は発表される死者数より少ない。でも何%少ないかはわからない」
なるほどね。
ふつうなら買い物の後、カフェで一杯したいとこだけど・・・と言いながら叔母と甥は、メトロの駅で右と左に別れた。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



週末、ルレに行ってみたけどダウンは届いていなかった
「電話で聞けます?」
毎日「あたしのダウン・・・」と聞きに来るほどヒマじゃない。ところが、
「いいえ、電話応対はしてません」だって。

そこで、ようやく気づいた:Colisprivéのサイトではなく、ユニクロに直接談判したほうがいい。
いただいたコメントに書かれていたように「ご縁がなかった」と思えるほど、わたしは達観していないのだ。

ユニクロのサイトの「Livraison」「FAQ」と進んでいった奥深くに、問い合わせの電話番号があった。
これで半分解決したようなもんだ、と電話すると
「電話の会話はすべて録音されるので、されたくない人はメールにしてくれ」
「Covid-19のせいで注文が殺到しているので電話の応対も混みあっている。サイトのFAQを見てくれ」・・・とかかなり長い録音を聞かされたあとで、やっと生身の人間が出てきた。
「指定のルレに配達されたというメールを10日にもらったのに届いていない」というと、
「それでは再配達の依頼を・・・」と若い男性。それを遮って、
「一度『配達された』メールが来ると、再配達の手配ができないようになっていて、出口なしの堂々巡りなんです」
「ああ、わかります、すごくよくわかります」
男性は何度も頷き(見た訳ではないけど)
「Colisprivéにはけっこう問題があるんですが(やっぱり)それは初めてのケースなんで(まさか!)僕にはわかりません。上司に聞いてからお返事するので数日かかります。どこか他のルレに配達された場合、本社に送り返されてきますが、それには2週間くらいかかり・・・」
「!!」
本社に戻ってから再配達され、それがちゃんとルレに届くかという保証もなく、そのうちクリスマスプレゼントの返品が殺到し、一層グチャグチャになっていく・・・そんなことをしていたら春になってしまう。今、パリは寒いのだ。
「今すぐ返品の手続きをしたら?」
「はあ、なるほど。そのほうが手っ取り早いかも」
この男性はかなり話がわかる。ユニクロの教育?
わたしは返品、返金の手続きを頼んで電話を切った。

「お店に行って買えばよかったのに」と娘。
「外まで行列してるし、サイトのみのオファーだったのよ」

ユニクロ(↓)は諦め、モンクレールのヴィンテージをもう一冬着ることになった。

down-graph-women-FR.jpg

東京の息子が留守中に宅配便を受け取り、再配達受付の紙を見せてくれた:ネットでも電話でも再配達を頼めて、担当ドライバー直通番号も書かれていて、時間指定までできる。夢のよう・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング
もうひとつはユニクロのブラックフライデーで買ったダウン。
ダウンは郵便箱に入らないので、盗まれないように『ルレ/relais』と呼ばれる宅配便お預かり場所を指定した。

Relaisは既存のお店がプラスαの副業としてやっている。うちの近所では、あまり流行っていないブティック、アラブスーパーなどで、コロナ以来かなり増えた。返品もここで預かってくれる。

ユニクロからは、こまめにメール-「本日出荷しました」「今、配送中です」-が来て、さすが日本のブランド、と安心していたら、フランスの宅配サービスColisprivéと組んでいるという罠があった。
指定したルレは、アフリカのワックス生地で作った服を置いている暇そうな店。
「うちはColisprivéは扱っていません」とつれない返事。そんな!ここに届けたというメールが来てるんですけど、と固執して探してもらったけどない。
「この2軒先もルレだから聞いてみたら」と言われて行ってみると、誰が買うか?という服やアクセサリーの店で、ユニクロのロゴの小包があったから一瞬期待したけど、そこにもなかった。

ユニクロに「こういうわけで受け取っていない。再度ルレを指定するにはどうしたらいいか?」とメールすると、
「こちらで再指定してください」という返事がきて、こちらをクリックするとColisprivéのサイトに飛ばされる。
そこで売上IDを打つと、前出の「アフリカ・ワックスに配達しました」というメッセージになり、一度“配達”されると再指定ができない、という無人地帯、フランス人がよく言うNo man’s land。
フランスには、苦情を言いたくても言う相手がいない“無人地帯”が多いのだ。

わたしは15年以上前に買ったモンクレール(人気高級ブランドになる前)のダウンをずっと愛用していたけど、さすがに袖口や襟に年齢が隠せなくなった。ちなみに「モンクレールじゃなければダウンじゃない」というほどの一時の人気を、ズルズルと落としたのがユニクロなのだ。

現在のモンクレールはデザインも値段も大変なことになっている。

moncler-genius-3.jpg

わたしのユニクロダウンは今、どこにいるんだろうか・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

宅配便、終わりよければ・・・

「お届け物でーす」というような丁寧なことは言わない。
ブスっとした声で「あなたの小包」
まぁ電話してくれるだけでも有難い。
「今、どこにいます?」門の前にいるなら暗証コードを教えないといけない。
「郵便箱の前」
「すぐ行きます」と電話を切って、駆け下りたら・・・郵便箱の前には誰もいない。
ヤダ、いたずら電話?

コロナ禍下で、通販で買う人が倍増しているのを利用した詐欺が増えている。
一番ポピュラーなのは「あなたの小包をお預かりしています。送料が2ユーロ不足しているので、このリンクからお支払いください。入金を確認次第配達します」という“郵便局”からのメッセージ。私のとこにも来た。
小包を待っている人は多いから引っかかる人がいる。敵が狙っているのは2ユーロじゃなくてカード番号だ。

でも小包ですよ、と電話して、わたしが外に出た隙に泥棒に入る、という筋書きには無理がある。
5分で何が盗める?それに家にほかの人がいるかもしれない。

夜になって、そういえば通販で買ったスカート、今日配達じゃなかったけ?と、追跡を見てみたら「配達済み」!
冗談いわないで!済んでないよ。
今朝の電話がそうだったの?ほかの人に配達しちゃったってこと?
「配達済み」になっている小包を追跡するのはすごく厄介なのだ。
誰かが盗んだ場合、誰も責任を取ってくれない。ああ、めんどくさい。明日考えよう・・・と思って寝た翌日。20区に住む知らない女性から電話がかかってきた。
「あなた宛ての小包が郵便箱の前に“捨てられて”たの。箱は壊れていたけどスカートは無事よ。友達は『売っちゃえばいい』って言うけど、まず宛名の人を探そうと思って・・・」
わたしが住むのはトゥルネル通りで、電話の女性はトゥレル通りに住んでいる。配達人が読み間違えたのだ。
女性に何度もお礼を言い、その晩にメトロのPorte des lilas/リラの門に取りに行った。

本人に渡さずに置いていく配達人が、コロナ以来ますます多く、それを盗む人も多い。

すなわち、こういう光景は夢のまた夢。

livraison910.jpg

Amazonに注文した本は2度も盗まれた、というご時勢に、親切な人もちゃんといるのね・・・
“粗暴なこの世界に、ほんの少しの優しさを”というチョコレートのCMを思い出した。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



ブリジットいじめ

オランド元大統領とジュリー・ガイエのカップルは、ブリジット・マクロンのことを「あのバーさん」と呼んでいるそうだ。

ブリジット・マクロン
photo:JDD

イジワルと言うか低俗と言うか・・・
さらに「マクロンはどうしても2017年に出馬する必要があった。2022年だとブリジットが年取りすぎているから」

フランソワ・オランドは、自分が“見つけて抜擢した”若いマクロンが、まさかの大統領になって腹立たしい。
“飼い犬に腕を噛まれた”と思っている。だから事あるごとにマクロンの政策や経験のなさを批難する、だけでは満足できず、ブリジットいじめに及んでいる。

オランド&ジュリ―・ガイエ
photo:Voici

政策は別として、ユーモラスな風貌と発言のオランドがわりと好きだったけど-農業祭で、子供から「ニコラ・サルコジは来ないの?」と聞かれ、「ああ、二度と来ないよ」-こんな狭量なヤツだったのね。

「マクロンは(若い妻のいる)自分に嫉妬してる」とからかったブラジル大統領ボルソナロと一緒じゃない。

エマニュエル・マクロンは間もなく43歳になり、ブリジットは4月に67歳になった。
24歳の年齢差はトランプ74歳&メラニア50歳と一緒。男が年上だと何も言われないのに、セクシズムも甚だしい。

ブリジットは「夫が大統領になって大変な5年間を過ごす」と予想していたけど、自分の年齢がこれほど話題になるとは思っていなかったそうだ。
でも2人の愛情と結束に揺るぎはなく、
「エマニュエルの唯一の欠点はわたしより若いこと」
「ぼくは彼女で、彼女はぼく」
とのろけ合っている。

ジレ・ジョーヌ、テロ、コロナ禍、そして支持率低下の四重苦を、マクロンが持ちこたえているのは、2人が一緒になるための戦いを乗り越えたからかもしれない。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

支持率は下がっても・・・

エマニュエル・マクロンの支持率が1か月で2ポイント落ち32%に。
原因は、レピュブリック広場の難民キャンプ撤退、音楽プロデューサー、ミッシェル・ゼクレールへの理由なき暴力・・・で警官の暴力が問題になっているところへ、警官を護る項目のある治安法案24条を提案した(実際に提案したのは内務相)こと。

一方、総理大臣ジャン・カステックスは5ポイント減で支持率25%、就任以来最悪の数字だ。
彼の声は甲高くて、何を言っても重大さが感じられない、学級委員の演説みたいになってしまう、というハンディがある。
まぁそれが落下の原因ではないだろうけど。

マクロン&カステックス
photo:getty images

木曜日、マクロンは若者にアプローチしようと、Brutというメディアで生インタビューを行った。
Brutは2016年に生まれた、ヴィデオだけ流すネットメディアで、若者(17~30歳)の利用者が圧倒的に多い。

インタビューの中でコロナ予防ワクチンについて質問され、
「まだ知識がない病気の、よくわかっていないワクチンなのに『みんなワクチン接種しましょう』と呼びかけるのは非生産的だ」

この答え方はなかなか上手い。
夏のアンケート調査で「ワクチンができたらする」が60%以上だったのが最近のアンケートでは40%。
ワクチン完成のニュースが流れ始めてから、その作られ方の速さ(平均8年が1年)、マイナス80度で運搬という危うい鮮度などが明るみに出て「実験台になるのはイヤだ」という人が増えてきたからだ(昔からの反ワクチン派は置いといて)

ここで「ワクチン接種義務」などと言ったら、賛同者はもっと減るに違いない。
一方、今、国民の躊躇いを分け合う発言をして、2か月後に「自信を持ってお奨めする」と言えば、説得力があるというものだ。

野党(とくに急進左派)はマクロンの発言を「シンジラレナイ」と騒いだ。
エコロジー緑の党の党首は「ワクチン義務にすべき」と言っている。
何にでもケチをつけるのが野党のお仕事ではあるけど、段々腹が立ってくる。
足を引っ張るだけで政策-特に経済政策-を出さない。だから誰も対抗馬になれない、という現状。
このままだと2022年もマクロンが勝っちゃうわよ、と言いたくなる。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

1月6日スタートが予定されていた冬のソルド開始日を、
「1月20日に延期する」と中小企業担当大臣が発表(そんな大臣がいたのね・・・ということは零細企業大臣もいるのでは?)

理由はシロウトでもわかる:ロックダウンで閉店になっていた商店が、少しでも長くプロパーで売れるように、という配慮。
・・・なのに、いくつかの商店連盟、特にデパートなどの大規模店舗連盟が「予定通りに始めろ」と文句を言っているそうだ。
とにかく“ああ言えばこう言う”-「コロナの予防ワクチンはまだか」と騒ぎ、出来上がったと聞くと「したくない」-のが好きな国民である。

想像するに、小売店の一部は「今年、大多数のお客はプロパーでは買わない」と思っているのでは。
マスクと消毒ジェルの製造業以外、みんな不景気で購買力が落ちている。
また、3か月もお店が閉まったせいで「毎月、服を買わなくても生きていける」ことに気づいた人が多い。
欲しいものをふるいにかけるようになり、消費の仕方がスローになってきた。

夏のソルドは前年比マイナス21%だった。これは買い物よりバカンスを選んだ人が多かったからだ。

2020冬のソルド

さて、ソルド延期派VS予定通り派の対立は、マージンを取るか、量を取るかのコンセプトの違いだという。
デパートやZARAのような大店舗は量を捌きたい。
小売店はプロパーで売れる限り売ってマージンを稼ぎたい。

個人的には6日でも20日でもあまり変わりないような・・・だって今年は、確たる理由もなく20-30%引きにしているとこが多い。
みんな山のようなストックを持ちたくないのだ。
ロックダウン中なので「ブラックフライデーを1週間延ばし12月4日にする」と経済相が発表し、みんな「ハイ」と言っていたのに、名前を変えて-Bon Fridayというのもあった-プロモーションをしていたものね。
え、12月4日って今日じゃない!
閉店時間まであと1時間強。どこかに駆けつけようか?


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

11月23日。レピュブリック広場の難民キャンプを退去で、暴力的な警官たちの様子がヴィデオで流れた。まるで犯罪者扱い・・・。
IGPN(警察の警察)が捜査を始め、難民のひとりに足蹴りを食わせ転倒させた警官は処分扱いになった。

その後、パリ17区で黒人の音楽プロデューサーが警官たちに殴られるヴィデオが公開され、フランス中を駆け巡る。
“マスクをつけていなかった”という信じられない理由と、これでもかという殴り方に誰もがショックと怒り。
人種差別的発言もあったそうだけど、残念ながらヴィデオは音声無し。

paris-21-novembre-2020-michel-zecler-producteur-musique.jpg
photo:20minutes.fr

殴った警官4人が取り調べ、2人が「権力機関の人間による任意的暴力行為」で仮拘留になっている。

折しも「治安法案24条」が議論されている。この法案には“警官を撮ることを制限する”という項目があるのだ。
もしこの法案が可決されたら、上のような事件は明るみに出ないことになる。報道の自由はどうなるのか?

警官の暴力、法案24条に抗議する29日のデモは、国民の不安を伝える正当なデモであったはずだ。
でも三密どころじゃない・・・

Manifestation-contre-la-loi-securite-globale-le-28-novembre-2020.jpg
photo:liberation.fr

娘も友達数人と出かけていった。コースはレピュブリック広場からバスティーユ広場。
「広場には行かないでよ」と母。
「わかってる。脇道を歩くから。ヤバくなったら帰ってくるから心配するなって」

わたしも様子を見に出ようと思っていたら、娘たちは意外に早く逃げ帰ってきた。
「催涙ガスで歩けない!」
「出ないほうがいいよ。壊し屋がいるから」
ブラックブロックこと壊し屋が現れ、ウィンドウを壊し、車を燃やし、デモの正当性をつぶしてしまったのだ。
ああ、せっかく開店許可が出た初日に、デモのコースに当たった商店はお客が来ないばかりかウィンドウを壊されたり、落書きされたり・・・最悪。
でも、治安法案24条は書き直されることになった。

5年前、連続多発テロのあとの抗議デモに夫と参加した。多くの死者を出したテロの直後で、沈鬱なデモ。バスティーユ広場からナシオン広場にノロノロ進んいたとき、広場を取り囲む警官たちに自主的な拍手が起こり、いつまでも続いた。
あの時、警官は「わたしたちを護ってくれる」という信頼があったのに。
一部の警官のせいで、暴力的、威圧的という形容詞が浮かぶようになってしまった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ