FC2ブログ
Archive
「好きかどうかわからないけど、まぁ1話だけ見てみて」と息子に言われて、娘と観た『今際の国のアリス/Alice in Borderland』。
アリス、チョータ、カルベ。幼馴染の男子3人組が突然、人間のいなくなった異次元の東京に入り込む。

『今際の国のアリス』

そこではゲームに参加して勝ち残った者が生き延びられるというルールになっていた。
1話を見て、ナンだ、若者向けのシリーズじゃない、と思ったのにやめられなくなって、年甲斐もなく最後まで見てしまった。

東京の風景、特に渋谷界隈が懐かしかったせいもあるし、人っ子ひとりいない街(夜明けに撮った?)に既視感、3月~5月のコンフィヌマン中、パリの街はこんなだった。
ゲームオタクのアリスがいい(主役だものね)。でもビーチが出てきてから、俳優たちの演技が過剰で面白さが少し薄れる。
実写の前にアニメ化され、アニメの演技をもとにしたからじゃないか、と息子の意見。
なるほど。アニメだとふつうの演技も、人間がやると不自然になるのね。

歴史物はあまり好きじゃないのに、4シーズン観てしまった『The Crown』。
2020年のNetflixのシリーズ中、フランスでは一番人気だった。
1947年からのエリザベス2世の治世を描き、2シーズン毎に主演俳優が変わる。

シーズン1&2のクレア・フォイのエリザベスとマット・スミスのフィリップが良かった。

『ザ・クラウン』
image:tele7jours

クレア・フォイは『ミレニアム』シリーズの『蜘蛛の巣を払う女』のリスベット、ステーヴン・ソダーバーグ『パラノイア/Unsane』の主役ソーヤーもよかった。
フィリップ役のマット・スミスは初めて見る俳優。女王の夫、という飾り物的な位置に不満で、自分の存在理由を主張しつつ、反抗期の息子のように振る舞うキャラによく合っている(つまり上手い)。
シーズン4でダイアナ妃が現れると釘付けになる。
エマ・コリンの、ちょっと陰のある目と上目遣いの視線がダイアナ妃にそっくりなのだ。それにしても不幸な結婚生活だった。

『ザ・クラウン』
image: francetvinfo.fr

観ながら「みんな狂ってる」と夫。たしかに王室の人間たちは普通じゃない。
一日中、人に見られていて演じなければならない、という運命のせい?
外に見せなければならないイメージと内部の力関係が大切で、人間らしい関係がないというか・・・日本の皇室も似たようなものだろう。
フィリップ殿下(本物の)にジャーナリストが『The Crown』をどう思うか?尋ねたら、
「あまりに(事実と)違うので笑ってしまう」というお答えだったそう。
ふむ、巧みなかわし方。
日本で皇室の歴史がシリーズ(NHKの朝ドラ?)になるというのはちょっと想像できない。
ということは、日本の皇室が英国王室よりさらに異次元の世界ということだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ