FC2ブログ
Archive

支持率と体重が一緒に増える

マクロン大統領の支持率が5ポイント上がって42%、カステックス首相は+6ポイントで同じく42%になった。
2月17~18日のアンケート結果。与党だけでなく野党支持者の支持率も上がっている。
カステックス首相は去年7月就任時の56%から1月の36%まで続いていた下降線に歯止めがかかった。

sondage macron castex
photo:orange actu

さらに最近のコロナ対策-「再コンフィヌマン(ロックダウン)にしない」という選択-に63%が賛同している。
医療関係者たちが、早いとこ国民を閉じ込めろ、と主張していた1月末、カステックス首相が「もう一度、自分たちにチャンスを与えたい」と演説したとき、みんばびっくり、拍子抜けした。
再び籠るのは考えただけで気が滅入る。でもホッとする一方で、危ない賭けではない?と不安になる。
「人間が死ぬ原因は伝染病だけじゃないから」と夫。
借金で首が回らなくなり自殺する人もいれば、コンフィヌマンの孤独に耐えかねて窓から飛び降りた人もいる。
実際、わたしたちの周囲にも抗うつ剤を飲んでいる人が複数いる。

医療・経済・国民の心理の3つを秤にかけた結果が「ワクチン接種者を増やしつつ」「18時から夜間外出禁止」。
感染者は横這いと微かな下降線を繰り返し、ワクチン接種者は241万人。
「この賭けに勝てばマクロン大統領の再選も可能になってきますな」と政治評論家が言っていた。
そう言えばフランスの大統領選まであと14ヶ月だ。

そのマクロンが「何㎏か太った」というニュース。
エリゼ宮はこれを「朗報」と言っている。
「コロナ(12月に罹った)から無事に回復した証拠であり、この数㎏は大統領に重みと成熟度を与える」
これほど大変な任期を務めた大統領はいないのに太るなんて・・・一体どういう体力&精神力の持ち主なんだろう?


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ