「自分の羽で飛び立たなくちゃ」

娘のシェアハウスがちょっと陰気で、部屋がかび臭いのも気がかりだけど、何より不思議なのは、誰ともすれ違わないこと。靴箱に靴はたくさんあるのに、声も音楽も聞こえず、ひっそり静まり返っている。
翌日、近くのスーパーで調味料や野菜や買い込む。自分で買い物するときは気づかなかったけど、娘の目で見ると、わかりにくい漢字で溢れている。「賞味期限」「保存期限」「値下げ除外品」「〇〇県特産」・・・
肉の部位もフランスのそれと対応していないみたい。

例えば日本の豚さん
豚肉の部位

フランスのコションはより細分化されている。

豚肉の部位 フランス版

可笑しいのは日本の部位図のブタがみんな左を向いているのに、フランスではほぼ全員右向き。理由があるんだろうか?日本のブタは左を向きたがる、とか・・・

7時過ぎに買い物を抱えてシェアハウスに着くと、キッチンにピンクのサングラスをかけたキッチュな男。初めて住人に遭遇!生のマグロとアヴォカドの角切りが山盛りになったお皿に取り掛かろうとしている。目の端で観察していると、彼はマグロとアヴォカドを一口食べ、うっとりした顔をしている。そして娘に、部屋番号のついている戸棚を使うこと、冷蔵庫は3部屋に1台、食器は誰がどうやって洗ったかわからないので、自分のを持ってきたほうがいい・・・など教えてくれた。サングラスのせいで宇宙人のようだけどなかなか親切。

シェアハウスに荷物は移したものの、娘は私が発つまでウィークリーマンションに一緒に帰ってきた。
「ひとりで大丈夫?」(親はこういう意味のない質問をする生き物だ)
「大丈夫よ。いつか自分の羽で飛びたたなくちゃ」(これは娘の表現ではなく成句がある)
そして「あなたの娘は強いのよ」
なんか逆に励まされてない?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
豚さん
学生などの若い人は昼間いないことが多いですよね。私のアパートもいつも窓が開いているのはお年寄りばかりで、若い人達は2週間に一度週末に姿を見かけるくらいです。昼間はずっと出かけっぱなしの上に、夜はお友達や恋人の家に泊まっているのでしょうか・・・。

豚の部位図、主人がそれをデザインにしたTシャツを持っていて、確認してみました。しかし、沖縄で買った物だけあって、言葉も違う上に非常に部位が細分化されています。ミミガーとかチラガー(顔)とか、テビチとかジュウ(しっぽ)とか・・・・。ただやはり左向きです。面白い!
Re: 豚さん
コメント、ありがとうございます。
昼間ではなく、夕食時にキッチンに人が出てこないので、どこで何をしているのか?と。でも私が発ったあと、5人の住人に出会った、と安心していました。
ブタの向き、面白いですよね!


なんだか読んでてウルっときちゃいました(t_t)
娘さん、立派ですね!

豚の左向き、フランスが逆でビックリです。
そういえば魚もほぼ、左向きですもんね。
Re: nana様
今、鮭とsaumonを見たら、鮭は全員左向き、saumonも過半数が左向きでした。
「あなた、ヒマねぇ」と言われそうですが、気になりますよね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ