美しすぎるのは危険?

モデルになりたいとロサンジェルスにやってきたジェス、未成年で身よりもなく、陰気なモーテルに住み始める。
その無垢な美しさは見る人をハッとさせた。
「あなた、怯えた子鹿みたいね」とメイク係。傷つきやすそうな様子は、弱肉強食のモデル界で“格好の餌食”になりそうだ。しかし彼女の自然な美しさに、モデルエージェントや、有名カメラマンがすぐに扉を開けた。御伽噺のような上昇。
整形を重ね、力づくで美しくなったモデルたちの羨望と嫉妬。とりわけ嫉妬・・・

『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフンの『The Neon Demon/ネオンの悪魔』

ニコラス・ウィンディング・レフン『ザ・ネオン・デモン』

より美しく、より有名になることが命のモデル界、憧れの的になる虚構の世界を描いている。審美的で(彼が好きな)血さえ現実味がない。右がニコラス・ウィンディング・レフン。

ニコラス・ウィンディング・レフン『ザ・ネオン・デモン』

『ドライヴ』は何度見てもよくできた映画と思う。優しさと凶暴さが入り混じった主人公(ライアン・ゴスリング)のキャラ、お隣さん人妻アイリーンとの明日のない恋、全体に流れる詩情・・・そして流れる音楽まで。
に比べて、『The Neon Demon』は表面的。出てくる女達は(モデルだから)みんな綺麗で「これが同じ人間か!」と思うほど。
一方、ソフィア・コッポラの『Somewhere』で注目されたエル・ファニングは可愛いけど、女たちに殺意を抱かせるような美貌かね?

ニコラス・ウィンディング・レフン『ザ・ネオン・デモン』

濃いメイクをすると変貌する。

ニコラス・ウィンディング・レフン『ザ・ネオン・デモン』
photos: allociné

ニコラス・ウィンディング・レフンが描きたかったのは、モデル界の内側?
綺麗すぎる人への警告?エル・ファニングに魅せられて?・・・その全部かもしれない。
この作品の最大の欠点は最後の15分が余計なこと。映画館を出て「“あそこ”でやめればよかったのに」「まったく」と夫。
“あそこ”が気になる方は、どうぞ!

The Neon Demon
ニコラス・ウィンディング・レフン監督作品
主演:エル・ファニング、ジーナ・マローン、
1時間57分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ