8月の長い週末:ベルリンの壁

着いた日の午後、さっそく壁の残りを見に行く。
ベルリンにはS(電車)とU(メトロ)が走っている上、トラムウェイとバス。一日何でも乗り放題券が7ユーロだ。ところが自動販売機はマスターカード(持っていない)とコインしか受け付けない。7x2=14ユーロもコインはないよ。自動販売機の前に並んだ旅行者たちもみんな必死でコイン探し。仕方なく駅から出て、近くのサンドイッチ屋でミネラルウォーターを買い、コインをゲット・・・このコイン争奪戦、去年の夏もやらなかったっけ?あれはクロアチア、ここはドイツの首都ではないか、メルケルさん・・・

Nordbahnhof(ノルドバーンホフ)という駅を降りると、見物人もあまりいない、寂しい風景の中に壁の名残り。
歴史的建造物になっている。
ベルリンの壁

ベルリンの壁

その前にある“壁メモリアル”でフィルムを観た。1961年、東ドイツによる壁造りの映像から始まって・・・でも説明がドイツ語なので全然わからん。夫は自分が観るのに夢中で訳してくれない。仕方ないから映像だけ。東と西の境界ゾーン、No man’s land(無人地帯)の見張り台では始終、兵士が見張っていて、誰かが壁に触ろうものなら、すぐトラックが駆けつける。1989年の崩壊まで、愚かで悲しい歴史の一コマ。
「東から西に亡命しようとした約1600人が殺されたんだって」最後に夫が訳してくれたのはこれだけ。後でウィキペディアを見ると、「射殺されたのは192人で以外と少ない」。後者を信じたほうがよさそうだ。この国では全く”Lost in translation”・・・

この後に行った、ベルリンのあちこちに壁の記憶が残っていた。
お土産物屋で壁のかけらが売られていた。なんの変哲もない2㎝四方のセメントが4.5ユーロ。すでに壁の4倍に当たる“かけら”が売られたとか!しかも《made in China》・・・買わなくて正解だった。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ