スペインの街角に必ずいそうな60代の貫禄オバサン、カルミナ。
夜、夫のアントニオが帰ってくる。疲れて息を切らして、
「あまり気分がよくない」
「アンタ、お酒飲んだでしょ」
「一滴も!」
夫は心臓が悪くて毎日薬を飲んでいるが、ちょうど薬を変えたところ。新しい薬のせい?

スペイン映画『カルミナ!』

カルミナは夫をテレビの前に座らせ、魚のスープを温め持っていくと・・・夫は息絶えていた。
駆けつけた娘と抱き合って泣きながら、カルミナに考えが:今日は金曜日、月曜日には夫のボーナスが出る。月曜日まで生かしておかないと・・・
「そんな!お母さん !!」
「お金が欲しくないの?」
「・・・・」
娘のマリアは美容院を開いたばかり、お金は必要なので渋々納得。2日間、アントニオは“具合が悪くて休んでいる”ことに。しかし週末だ。アパートのお隣さんや、女友達が次々にやってくる・・・

『Carmina !』というタイトル通り、カルミナのキャラが圧倒的な主役:ぶっ飛んだ度胸、抜け目がなく、押しが強く(『私が本当と言えば、本当なの!』)、愛情深くて憎めない。

バイクに乗せてもらったら、「ワンピースが飛んで行っちゃった」の図。

スペイン映画『カルミナ!』

娘をこよなく愛し、夫には「死んでも迷惑かけて!」(自分で招いた迷惑なのに)と言いつつ、愛着が感じられる。笑って最後にホロリとする作品。

スペイン映画『カルミナ!』
photos:allociné

『Carmina !』
パコ・レオン監督作品
主演:カルミナ・バリオス、マリア・レオン
1時間33分

ナンセンスなユーモアと温かさのある作品と言えば、9月3日から日本公開になる『アスファルト』。人間はみんな可笑しく、孤独では生きられないなあ、と。
こういう仏映画が日本でかかるのは嬉しい。お薦めです。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ