フィジャックにはシャトー・ヴィギエ/Château Viguierというお城がある。
2008年、ロト(宝くじ)で1000万ユーロ(約11.5億円!)を当てた男性が、700万ユーロでこのお城を買い、改装工事をして4つ星高級ホテルをオープンした。部屋は当時で299ユーロ~699ユーロ。


シャトー・ヴィギエ、フィジャック

シャトー・ヴィギエ、フィジャック

この男性、ダヴィッド・フェーヴルは、ホテル業はシロウトで、「高いクオリティとおもてなしを提供すればお客は来る」と信じていた。場所がパリでもニースでもなく、フィジャックということを忘れていた。サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼者たちの多くは、ジットと呼ばれる簡素な宿泊所に泊まり、フランス人はケチだ、ということを忘れていた。

結果、ホテルはガラガラ・・・フェーヴルさんは外国人をターゲットにすべきことに気づき、NY、東京、モスクワの旅行サロンに赴き、ネット上での宣伝にもお金をかける。「日本人が大勢来た」そうだけど(本当かな)長くは続かなかった。客室稼働率は最高で25%(自称)。
2010年、2年足らずでホテルは扉を閉め、売りに出された。売値は790万ユーロ。
しかし、2年間の間、フェーヴルさんは、“この町で高級ホテル経営は失敗する”を実証したようなもの。買い手はつかない。値段は少しずつ下がり、2016年、半分以下の320万ユーロに。でもまだ売れていない。1000万ユーロの残りはとっくに底をついているだろうに・・・

突然、巨額の富を手にし、通りがかったお城に“一目惚れ”すると、こういうことになる。
市場からの帰り道、義妹が「ほら、あれがシャトー・ヴィギエのオーナーの車よ」と言うので、振り返ると、とんでもないペインティングをした赤いクリオ。残念ながら、フェーヴルさんの顔は見えなかった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ