第一次大戦直後、ドイツの小さな村。アンナは、戦死した婚約者、フランツのお墓りを毎日欠かさない。
お墓と言っても、フランツの遺体は戦地フランスで埋葬され、中は空っぽだ。
戦地から帰ったら結婚するはずだった。身寄りのないアンナは、それ以来、フランツの両親と一緒に暮らしている。
ある日、彼女は自分以外にお墓に来て花を置いている人がいるのに気づく。その男性-フランス人-は、フランツの両親の家に訪ねてきた。フランスはドイツの敵国、ひとり息子を殺した国民には会いたくない、と父親は一度追い返すが、母親にとりなされて渋々うちに入れる。
彼、アドリアンは、フランツのパリ留学時代の友人だったといい、訥々と思い出を語る。時々言葉に詰まるような話し方は、友人の死に打ちひしがれているように見えた。
両親は涙しながらも喜び、アンナは、感受性が強く美しいアドリアンに少しずつ惹かれていく。でも物語はそんなに単純には終わらない。アドリアンは重い秘密を抱えていた・・・
フランソワ・オゾンの最新作『FRANTZ/フランツ』

フランソワ・オゾン『FRANTZ/フランツ』

アドリアンは『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネイ(すごく上手い)、アンナ役のポーラ・ビアはクラシックな美しさ。

フランソワ・オゾン『FRANTZ/フランツ』

フランソワ・オゾン『FRANTZ/フランツ』
photos:allociné

それだけでも絵になるけど、絡み合いすれ違う2人の気持ちが細やかに描かれ、当時の独仏の関係もわかる。“人を傷つけないための嘘”もこの映画のモチーフのひとつだ。
前作『彼は秘密の女友達』(ロマン・デュリスが女装)、『17歳』(高校生の売春)、その前は『まぼろし』(夫の死を受け入れられない妻)、『8人の女たち』(アガサ・クリスティ風の推理物をミュージカルで)・・・と色々なテーマを撮ってきたオゾン。彼の円熟期と言える、詩情とメランコリーあふれる作品。お奨め!

『FRANTZ/フランツ』
フランソワ・オゾン監督、仏独合作
主演:ピエール・ニネイ、ポーラ、ビア
1時間54分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
いつも映画批評楽しみにしています!いつもメモしながらご覧になっているのですか?私は見た映画をすぐに忘れてしまうのでもったいないんです。
Re: Mariko様
いえいえ、映画観ているときはどっぷりです(退屈な映画は寝ちゃいますけど)。
観ている間は面白くても、すぐ忘れてしまうのもあるので、”残る”のを書いています。
日本でもっとフランス映画がかかるといいです。
見たい!絶対見たい、オゾンの作品!日本でもっとフランス映画観れるようになってほしいものですね❣️
フランス映画
フランツ面白そうですね。近いうちに観に行きたいと思います。レビューありがとうございます。
フランス映画はハリウッド映画ほど起承転結がはっきりしたストーリーでないのと、登場人物の想いもはっきりとはさせずに観客が感じ取るものが多いように思うので、基本的には苦手なのですがオゾン監督の作品はどれも抵抗感なく観られます。LGBT等の性を扱う作品が目立ちますが、性云々を超えたもっとヒトとしての生物的な欲望をうまく表現する素晴らしい監督だと思います。
Re: アレックス様
ありがとうございます。
フランス映画の、登場人物の想いや結末がはっきりしないとこが、逆に私は好きです。後に残り、自分で想像できるような。
オゾンは言われる通り、LGBT系が多かったですが、ジャンルが広がって「おお!」と思いました。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ