数年前、体重が106㎏に達した夫は、ついにダイエットを決心、フランスで有名なデュコン式を選んだ。
Dukan/デュコンという医者が広めたもので、炭水化物、脂質を取らず、タンパク質を大量に取る、プロテインダイエット。最初の1週間は、すべての炭水化物はもちろん、果物も野菜まで禁止。朝昼晩、ひたすらタンパク質だけ食べる。朝:タマゴ3個、昼:白身魚400g、夜:ステーキ2枚・・・みたいに。付け合わせがなくステーキだけ食べるなんて私にはできないけど、夫は「空腹感がなくていい」。なにしろタンパク質であれば“食べ放題”、食事と食事の間に小腹が空けば、これも食べ放題。

フランスではダイエット食品:カニかまぼこ

カニかまぼこが、こっちではSurimiという名前で売られ、シュリミと発音されている。
最初、何のことだかわからず「シュリミって何よ」「カニのスティックだよ、日本から来たんじゃないの?」

デュコン先生によるとカニのシュリミで作られた、つまりタンパク質のスティックであると。この値段(20本入り2.5ユーロ)でカニのわけないだろう。つなぎの澱粉も多いし・・・でも夫は、かにかまぼこ発祥の地から来た私の意見など聞かず、シュリミを毎日パクパク食べていた。
最近になって、このシュリミ/カニスティックは実はカニではなく、安いアラスカ・シロイトダラの粉末と澱粉、塩、砂糖、山ほどの化学調味料からできている。食べないほうがいい、という記事が出て、さすがの夫も買うのをやめた。ヤレヤレ。

魚の身30-40%(ホントかね)、ジャガイモか小麦の澱粉5-10%(もっと入ってそうな味だけど)、卵白0-10%、菜種オイル3-6%・・・

フランスではダイエット食品:カニかまぼこ

デュコン式ダイエットは、一時すごく流行って、デュコン・ブランドのシリアルや調理品がスーパーに出回り、デュコン先生はひと財産成した。でも数年後の調査で、80%の人がリバウンドして元の体重に戻っていることがわかった。その上、医師たちが、ビタミン、ミネラル不足、腎臓、心血管疾患の危険があると言い出して、最近静まっている。だってフランス人に「肉食べ放題」なんて言ったら、大変なことになる・・・夫は10㎏痩せたけど、やっぱり取り戻して、今99.7㎏。「100㎏以下だ」と自慢している。

シュリミの他にも『食べないほうがいいスーパーの食品』がいくつか出ていたけど、それはまた続きで!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
一体、誰なんですか、日本の食べ物が安全なんて言ったのは!?
キケンキケン、大量の化学物質でできた恐ろしいものがいっぱいですよね!欧米で禁止されているトランス脂肪酸や甘味料なんかも、日本じゃオッケーなわけですからね!
あんまりギャーギャー言いたくないけど、でも病気を作る食べ物であることは間違いなさそうです。。
フランスのスーパーで買わない方がいいもの、、、!?
知りたいです!次号、楽しみにしております。
Re: Kyuta様
私も、日本の食品のほうが安全と思ってました。すみません・・・
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ