数年前に料理雑誌『Cuisine&Vins』で見つけたレシピは、ひき肉ではなくて塊肉を使うので、コクがあるというか、プロっぽい。と自分で言うのもナンだけど、作る度に評判がいい。週末にお試しください。

〔材料〕
牛肉はマクルーズなどの煮込み用の塊を800~1㎏(5-6人分)
ニンニク2かけ
玉ねぎ2個
赤インゲン(haricots rouges)の缶詰(400g)
トマト果肉缶詰(400g)
牛肉ブイヨン1個
クミンシード大匙1
オレゴン大匙1
チリパウダー小匙2

ポトフにも使う赤い部分。後ろ足のジットでもいいけど、ややゼラチン質。

牛肉部位


① 牛肉を2-3㎝角に切る(けっこう疲れるので男性にやらせるといい)
② 玉ねぎを同じくらいの角切りに。
③ ニンニクは2つに切り、芯を取る。
④ ル・クルーゼなどの煮込み鍋にオイルを入れ、ニンニク、玉ねぎを5分炒める。
⑤ 続いて牛肉を入れ、やや強火で、全体に焼き色がつくように木べらでかき回す。
⑥ クミンシード、オレゴン、チリパウダーを加える。
⑦ 水、ビーフブイヨン、トマトの缶詰(丸ごとならざく切りに)を、ヒタヒタ(牛肉が隠れるくらい)に入れる。
⑧ 蓋をして中火で、時々かき回しながら約2時間。水けを切った赤インゲンを入れて約1時間。

サイトで見つかるレシピは殆どひき肉を使っている↓。
肉をサイコロ状に切る(切らせる)だけでずいぶん違うんだけどなぁ・・・

チリコンカン
photo:marmiton
付け合わせはもちろんご飯(バスマティも合う)。娘は、彼女が“œuf parfait”完璧なタマゴ、と呼んでいる半熟卵を添えるのが好き。

フランスでは“Chili Con Carne/チリコンカルヌ”、日本では“チリコンカン”なのね・・・なぜ?と考えたところ、こっちでは力づくでフランス語式に発音している、というだけのことみたい。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ