必ず待たされる。うっかり時間通りに着いたら、果たして「すぐ着く!」のSMS。
“すぐ”とは?10分?15分?今どこにいるのかもわからん。意味のないメッセージ。
「どこにいるの?」「ナシオン」
待ち合わせがオペラだから「すぐ着く」わけないだろ、まったく。

仕方なくデパートのクリスマスイリュミネーションを見に行った。
ギャルリー・ラファイエットは真っ白な紙細工。

クリスマスイリュミネーション2016

こういうのボン・マルシェがやりそうだ。ギャルリー・ラファイエットはいつももっとカラフルじゃない?

クリスマスイリュミネーション2016

まだ時間があるのでユニクロに入る。
ダウンを見ていたら、3歳くらいの可愛い中国人の男の子が泣きながら走ってきた。
あらら、お母さんが服に夢中で(私もよくやった)迷子になったの?
すぐに中国人の店員さんが気づき、(中国語だったので想像するに)「ほら、お母さん、あそこ」と私を指さす。
私?! 違う違う、お母さんじゃないわよ!
男の子は、他人の子供にされそうな恐怖と怒りから、なんと私をぶち始めた。
やだ、私、何もしてないでしょ!そういうのお門違いって言うの!
そこへ、実の母が「おお、なんとか(子供の名前)!」と叫びながら走ってきた。
ひしと抱き合う母と息子。めでたしめでたし。
母に抱かれた男の子は、涙の溜まった目で恨めし気に私を見るのであった。

やっと着いた息子に、
「あなたが遅れてくるから3人目の子の母になるとこだった」
と話すと、
「若く見えたんだからいいじゃない」
全く反省の色なし。その上、私を黙らせるセリフを心得ている・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
冬らしくなりましたね
先々週末にパリに行く機会があり、ギャラリーラファイエットのクリスマスデコレーションを見てきました。あれはあれで可愛かったですが、私も去年のほうがもっとカラフルでキラキラしてて楽しかったなぁなんて思いました。ボンマルシェは見れなかったのですが、今年はどうなんでしょう。去年はてるてる坊主みたいな謎のキャラクターでしたね。
大袈裟ですが、例えばレストランなんかで周りを見渡したとき、アジア人が自分ひとりだったりすると、まるで自分がアジア代表なのかのように感じます。なんというか(アジア人の格を下げないためにも)下手に粗相はできないななんて。ナルシズムもいいところ!なんて笑われそうですが
、本当にそう思うのです。
プロバンスも少しずつ冷えてきました。お体にお気をつけてお過ごしください。
Re: アレックス様
コメントありがとうございます。
BHVのデコレーションは、正統派にカラフルで子供ウケしてました。

なるほど!責任感ですね。レストランに私ひとりアジア人でもそんな風に感じたことはなかったです。心がけます。
アレックスさんもお大切に!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ