フィリピンの肝っ玉お母さん

ローザは夫と4人の子供と、マニラの一画で駄菓子屋を営んでいる。飴やポテトチップスを売るだけでは食べていけないので、実はドラッグの密売もしている。
子供を怒鳴りつけ、なりふり構わず店と家族を仕切っているローザ母さん。

映画『Ma'Rosa』

ある晩、家族が食事をしているところへ、警察の抜き打ち捜査。隠していた白い粉があっさつ見つかり、夫婦に手錠がかけられる。

取調室に連れてこられた夫婦に、警官たちは“取引き”を持ちかける:ブタ箱にぶちこまれたくなかったら5万ペソ(約11万円)用意しろ。そして鶏の丸焼きとビールで前祝を始めるのだ。

翌日、心配した子供たちは警察署にやってくる。両親の逮捕は記録もされていない(ゆすりが目的だったってこと)。ローザは3人の子供(4人目は小さすぎる)にお金の集め方を指示する。

映画『Ma'Rosa』


罵られる親戚に頭を下げ、重いクーラーを抱えて売りに歩き、親には言えない手段も使って、子供たちは金策に奔走する。
フィリピン映画『Ma' Rosa』

映画『Ma'Rosa』

ドキュメンタリーのような撮り方から伝わってくる暑さ、湿気、貧しさ。そして腐敗しきった警察。
何があっても動じない、毅然としたローザ母さん。ひとりで抱えていた感情が一瞬ほとばしり出る最後のシーンが印象的。逞しく、哀しい。

ローザ役のジャクリーヌ・ジョゼは今年のカンヌ映画祭で、最優秀女優賞とった。こういう地味な映画を評価して、彼女に賞を与えたのはエライ。
知らない国の生活や戦いが垣間見れる名作。お奨めです。

Ma’Rosa
ブリアント・メンドーザ監督作品
1時間50分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
珍しい比律賓映画の紹介、有難う御座います
長谷川さま
 無沙汰しております。久し振りに訪問したところ、本日はフィリピン映画の紹介。確か、その国の映画は、ただの一作も未見ですが、粗筋は面白そうですね。それに、今頃になって気付いたのですが、長谷川さんは映画の紹介が御上手。ひょっとして、映画評論家なんですか?

 今年は初夏の頃、このブログにて、日本では確か未公開の筈の中国映画【闖入者】の紹介記事を読み、それが契機となって、このブログに時折投稿するようになりました。
 また、面白い映画を紹介して下さい。お元気で。
Re: Yozakura様
お久しぶりです。
特に最後が印象に残る作品でした。日本ではかからないでしょうね・・・
いえいえ、評論家ではありません。そういっていただくと嬉しいですけど。

どうぞよいお年をお迎えください。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ