“まだ嫌いじゃない”クリスマス

「胃は重いけど、家族との集まり(クリスマス)は終わりました。すでに過去のことです!あとは友達と騒ぐ年越しを待つばかり・・・」と26日のラジオ。
クリスマスが憂鬱な人がそんなに多いってこと。お正月が憂鬱な日本人も実は多いかもしれない。
その理由の圧倒的一位は“家族”。
家族のいない人、断絶している人は、家族が集うこのお祝いに孤独感を募らせ、
家族で集まると、思い出したくないことが浮上して口論になったり、落ち込んだりと言う人は多数。
それぞれ親が離婚して別のパートナーと暮らしているカップルは、計4回クリスマスをする羽目になり、胃が持たない・・・

先週会った友達は「姉貴と会うのが気が重い。言われたくないことをグサッと言う人なんだ」
「例えば?」
「息子が就職決まって喜んでいたら『もっとマシな職につけなかったの?』とか、僕には『そんな体型でよく我慢できるわね』(彼は小太り)とか・・・」
“姉貴”は2度離婚して今はひとり、2人の息子は遥かかなたの外国に住んでいて、クリスマスにも帰ってこない、というから“原因と結果”が明らかだ。
うちは、今年はディジョンの義妹の家で祝う番。義妹は料理が嫌いで(夫と私でするしかない)、魚は一切食べず、息子の一人はベジタリアン(メニューが難しい)。
一泊だからパジャマと歯ブラシだけ、と思ったら、料理の一部や、プレゼントを持って行かなくちゃいけないのに気づいて、けっこう大荷物になった。
リヨン駅(パリの)はクリスマス帰省で人が多い。
「ここでテロに遭いたくない」と娘。
「どこだって遭いたくないわよ」
「プレゼント開ける前に遭いたくないってこと!」

プレゼントを待ちかねる子供たちがいる限り、クリスマスを好きでいられる・・・

image1(1).jpg

7人で交換するとこの数になる・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ