FC2ブログ
bac

大学入学資格試験。日本では各大学に固有の入学試験があるけど、フランスでは全国共通の試験、バカロレアがあって、合格点に達すればどこかの大学に入れる。と、簡単にいうとこうなんだけど、実はこれほど簡単ではない、ということが最近、判明してきた。自分の息子があと1ヶ月で、この試験を受けるからだ。

まずバカロレアには一般・テクノロジー・プロフェッショネルの3種類ある。技術屋やアーティスト、家具作り、服やアクセサリーデザイン・・・などに進む人以外は一般バカロレアを受ける。受験生の約53%がこの「一般」を受ける。

「一般」には、サイエンス・文学・社会経済の3種類があり、それぞれ試験科目と採点係数(Coefficient)が違う。
サイエンスバカロレア(“バック S”と省略される)は日本の理数系で、数学、物理・化学、自然科学などがメイン。そこに全部のバックに共通のフランス語(つまり国語)、歴史、哲学、外国語(2つ)が加わる。バックSでは理数系の科目の採点係数が高く、6掛けから8掛け。つまり理数系で平均以上いけば、歴史や外国語でドジっても受かるようになっている。

つぎがバックLと呼ばれる文学バカロレア。哲学の係数が7掛けと高く、フランス語、外国語も他のバックより重要視される。オプションでラテン語、第3外国語、数学などを選ぶ。息子は日本語のオプションをとっている。

バックESと呼ばれる社会経済バックは、経済学、社会学、そしてなぜか数学が重要視される。でもバックESは採点係数がどんぐりの背比べで、おしなべて平均以上取らなくてはいけない。

以上3つのバカロレアの受験者の比率は、息子の高校でSが70%、ESが20%、Lが10%とサイエンスバックが圧倒的に多い。これはSが「つぶしがきく」からだそうで全国的な傾向。女の子でもSを選ぶ人が多いのは驚きだ。
(続きは明日)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ