女優が迫力、この2作

リリアンヌはパテ工場で働いている。焼きあがったパテに、ローリエの葉とピンクペッパーを飾るのが彼女の分担。昼休みも同僚とのおしゃべりに加わらず、一日中ローリエ&ピンクペッパー。17時のベルが鳴るとまっすぐアパルトマンに帰り、ひとりウィスキーを飲む。
ある日、若い男子ジャンが流れ作業に加わった。彼はリリアンヌが、80年代ヒットを出した歌手であるのを見破る。
「父はあなたの大ファンでした。全然変わっていない!」
リリアンヌがなぜ“ここまで堕ちた”か知りたがり、カムバックを薦める。
最初は「ノン」「ありえない」を繰り返していたリリアンヌも、ジャンの情熱にほだされていく。

『Souvenir』

30年も消えていた歌手のカムバックなんて可能だろうか?
母と息子ほど年の離れた2人の愛が可能だろうか?

ベルギー人バヴォ・ドゥフュルヌの『Souvenir/思い出』

『Souvenir』

御伽噺のようなストーリーを、イザベル・ユペールの細腕が“一見の価値ある”作品に持ち上げている。
視線、表情だけで感情を伝えるミニマルな演技。ファンじゃなくても「お見事!」としかいいようがない。

もうひとつ、女優から目が離せなかったのが、成瀬巳喜男の『女が階段を上る時』の高峰秀子。
パリでは、日本の古い映画、小津や溝口、黒沢がよくかかっていて、私はこっちに来てから発見した。

『女が階段を上る時』

バーの雇われマダム、圭子はこの世界では珍しくお客と一線を越えないのをモットーにしている。30歳になり、結婚するか、自分の店を持つかで迷っていた。期待した男には裏切られ、前から自分に惚れているマネジャーとは絶対うまくいかないと知っていた・・・
高峰秀子は、テレビドラマで時々見たけど、堅実なお母さんやおばさん役だったような・・・こんなに色っぽかったの!
可愛くて媚びなくて毅然としてて、彼女もミニマルな演技で、見とれてしまった。

1960年のこの作品には、仲代達也、加東大介、淡路恵子、沢村貞子・・・など名優がぞろぞろ出ている。社用族のオジサンをホステスが取り囲む(今もそう?)昭和のバーの雰囲気も面白い(夫が「今度行きたい!」)。それでいて時代遅れに感じない名作。

Souvenir
Bavo Defurne監督作品
主演:イザベル・ユペール、ケヴィン・アザイス
1時間半
フランスで上映中

女が階段を上る時

成瀬巳喜男監督作品
高峰秀子、森雅也、仲代達也
1時間50分
パリ5区のReflet Médicisで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ