仕出しランチ比べ

研修は、朝9時から遅いときは19時まで続き、お昼も時間節約のためにケータリングの食事が届く。
Plateau repas(食事プレート)と呼ばれ、一見機内食に似ているけど、より美味しい。
一日目:Nos bons plats chez vous(私たちの美味しい料理をご自宅で)という長ったらしい名前のケータリング。7人の、そこそこに有名なシェフがメニューを作っている。本家はリヨン。27.39ユーロ。

フランスのケータリング

この日はフレデリック・ベルトというリヨンのシェフ作の:
-野菜のコンポテ、茄子のキャビア
-子羊のラザーニャ
-アーモンド入りフィナンシエとフレッシュフルーツ

サイトでは「メイン:昔ながらの子牛のブランケット」になっているけど、出てきたものは紛れもないラザーニャ。オードヴルが美味しかった。ここのウリはメインが保温バッグに入れられて届くこと。

2日目:les Jardins d’Epicure(エピクロスの庭)のグルテンフリー・メニュー 21.9ユーロ。

フランスのケータリング

-オーガニックレンズ豆、ペリゴールのクルミ、フェタチーズのサラダ
-サーモンの蒸し焼き、インゲン、小玉ねぎ、ヴィネグレットソース
-フレッシュハーブ入りフロマージュブラン0%
-アジャン産プラムのクラフティ
これを食べると、昨日の“シェフの料理”は凝っていた。遅ればせながら。
でもサーモンの蒸し加減はよく、レンズ豆のサラダは日本人好みであった。

3日目は大御所フォションの登場。32.89ユーロ

フォション ケータリング

-栗とかぼちゃの(冷たい)ポタージュ
-正山小種(ラプサン・スーチョン)茶でローストした鶏、クロゼ(サヴォアのパスタ)とアーティチョーク、赤玉ねぎのピクルスのサラダ
-柑橘類添えフィナンシエ、ライムのクリーム

なぜ鶏を正山小種茶でローストするの?パサつきがちの鶏の胸肉がしっとりしていたのはそのせい?
付け合わせのパスタサラダも美味しかった。
栗&かぼちゃのポタージュは「これアントレ?デザート?」と一瞬思う味。最近、こういう微妙な味に出会う。京料理みたい。

日本から研修に来た方々と一緒にご飯を食べて感じたのは、食習慣と量の関係。
仕出しランチの量は私にはちょうど良かったけど、平均的日本人には“多すぎる”。特にサーモンや鶏が「いくら食べても減らない」(まさか)「もう夜は食べなくてもいい」(ウソ・・・)
フランスのほうがタンパク質の量が多いってことだ。私はすっかり食べて、びっくりされた。

そのくせ、仕出しランチをパスしてオペラに駆けつけ「ラーメンと餃子と野菜炒めを食べた」人もいた。ラーメン一杯が食べきれないフランス人は少なくないから、習慣は大きい。
という話を、夜娘にしたら、
「そう、シリアからの難民がフランスで痩せるんだって」
「??」
「フランスの食べ物が口に合わないから」
「なるほど・・・でもシリア料理って?」
「すごく美味しいんだって」
存じませんでした。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ