大統領はこの中のひとり

火曜日にフィヨンは記者会見をして、自分は法に触れることは何もしていない。自分を失墜させようとする陰謀の犠牲者である。しかし今回、国民は政治家が家族を雇うのを評価しないとわかった。そのことは国民にお詫びしたい(問題になっているのは家族を雇うことではなく、マダム・フィヨンが本当に仕事をしたか、だ)。大統領候補を降りるつもりはない。私は国民大多数の支持を得て選ばれたので裏切ることはできない・・・という主旨の演説をした。

でも支持率落下を食い止めることはできない。
翌日トロアに選挙運動に赴き、ブーイングで迎えられた。安い給料で毎日あくせく働いている人たちは、政治家の立場を利用して家族を富ませていたのが我慢できない。
他の政治家に比べて、フィヨンがクリーンで公明正大をウリにしていただけに。

8日に行われた「第一次選挙で誰に投票するか?」のアンケート調査で、マリーヌ・ルペン、エマニュエル・マクロンに抜かれてた。

フランスの次期大統領はこの中のひとり
ルペン25%、マクロン22%、フィヨン20%、国民全員に毎月500ユーロのアモン15%
でも二次選挙で「マリーヌ・ルペンは敗れる」が大多数:マクロンに負ける(34%)、フィヨンに負ける(38%)。
お父さんのジャン=マリーはシラクに負けたし。私もこのアンケート結果を信じたい。

第一次選挙(4/23)まで10週間あるから、フィヨンの巻き返しなるか?(右派の政治家は左派ほどクリーンさが重要視されない。政治家は灰色でいいみたい) マクロンが更に伸びるか?

そのマクロン、Radio France社長のマチュー・ギャレが恋人で二重生活を送っている、という噂を立てられ、
「私は妻とずっと一緒に暮らしている。もしレストランやクラブで私とマチュー・ギャレを見たのなら、それは私のホログラムだ」

radio-france-mathieu-gallet.jpg

マチュー・ギャレは独身、マクロンは24歳年上の元高校教師と結婚している。2人ともけっこう美男だし、ゴシップが生まれる好条件だったってこと。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ