20年間知らなかった床下の上げ蓋

私たちが住んでいるのは1世紀前の建物。さすがに水道管が古くなって取り替えることになり、中庭を掘り返し始めたのが去年の4月。
深さ2m弱、ちょうど棺桶2つ分くらいの長さの穴ができ、その上に板が渡された。住民や自転車が通る度にかなり大きな音がする、のはまだいいけど、穴からドブネズミが2匹出てきて、敷板の上をウロウロし、私と娘は外に出られなくなった。

そのうち、水道管の続きはうちのアパルトマン(地上階)を横切っていて、なんと!うちの中を掘り返さなければ工事が進められないことがわかった。
「つまり、床板をはがして穴を掘るってことですか ?」
「はぁ、つまりそういうことに」と工事主任。
はがすのはちょうどテレビの前。
工事中は1週間続き(つまいテレビは観れなくなり)、1日か2日水が使えなくなり、工事の人が出入りするのでドアは一日開いているので、誰かがいなくてはいけない( !?)。
工事には、配管工、水道管の技術会社、床板を剥がす建具屋も必要で、みんなの都合が合うのが難しく、グズグズするうちバカンスになり、じゃ新学期にしましょうということになった。

9月になったら、今度はみんなが立て込んで延び延びになり、そのうち諸聖人の休み(秋休み)に入り・・・。板の上を行き来する音が「ゾウの群れが通るみたい」にうるさいと娘がキレ、工事が進まないのはうちのせいみたいに言われる、と夫と私がキレ、そのうち12月になり、クリスマスが近づくと全員都合が悪くなり、工事中途で年を越すことに。

1月。永久にこのままなんじゃない?と私が絶望する頃、それを聞きつけたようにバタバタと決まり、2月に入ってすぐの早朝、けたたましい音を立てて床板がはがされた。
「こんなとこに上げ蓋が!」と職人さん。
あら、ほんと。床下にマンホールがあるなんて20年住んでて知らなかった。まあ、床板を剥がす趣味はないから知る由もない。
「金塊かも・・・」と夫。
「その場合、見つけた人と家の所有者が折半ですから」
あんた、マジ?
「あれ、国が取っちゃうじゃなかったっけ?」と建具屋さん。
「でも先住の家主の先祖が隠したのなら・・・」と私。
建具屋さんは「よござんすか?」という顔で私たちを見て、エイッと蓋を上げると・・・水道管の一部が通っているだけだった。
一瞬の希望は儚く・・・

trappe1.jpg

建具屋さんが帰ると、さっそく猫たちが偵察に駆けつける。

trappe2.jpg

続きは次回!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ