香りは2秒で人を魅惑できる

12月末にオープンしたGrand Musee du Parfum/香水大博物館に行きたいと思いつつ延び延びになっていた。
友人の調香師、新間美也さんに「もう行っちゃった?」と聞いたら、ラッキーに「まだ」で一緒に行くことに。

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

地階の[香水の歴史]はイマイチ。古代エジプトまで遡るので、範囲が広すぎて一貫性がない。まぁ、言うは易しだけど。

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

嗅覚や調香についての上のフロアは面白い。調香師のことをフランス語ではnezというくらいだから、美也さんは鼻が鋭く、私が「何の匂いをしない」香りを嗅ぎ充てる。
象の嗅覚は人間の5倍、犬は2倍とか。フランス語で記憶力のいい人のことを“象の記憶力”というけど、見かけによらず五感の鋭い動物らしい。
香り当てクイズも美也さんのをカンニングして全問正解。賞品は何も出なかったけど。

匂いを嗅いで・・・

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

こちらに回答

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

調香師のインタビューの中で、ジャン=クロード・エレナ氏(エルメス、ブルガリ、フレデリック・マルなどの香水を多数作った)が、
「香りは2秒で人を魅惑することができる、言葉は2秒で何も伝えられない」というようなことを言っていて「ほーなるほど」
香りの瞬発力・・・香水選びを考え直さねば。

あっと言う間に2時間が経ち、閉館時間。私たちは追い出されるように博物館を出た。
五感の中で二の次にされがちな嗅覚は、場所や人の記憶を呼びこす感覚だった、と再認識。
一昔前、パリに着いたときの“匂い”はメトロの匂い。当時は禁煙じゃなかったので、タバコと過熱されたレールの匂い、決して嫌な匂いではなかった。
最初、サン・シュルピスの屋根裏に住んでいて、サン・シュルピス通りにあったBeauté Divine(神々しい美しさ)というお店を時々覗いた。薄暗い店内に、ごちゃごちゃとアンティークのオブジェや香水瓶なんかが並んでいて、タンスに入れるビーズの香料が気に入って買った。微妙で特徴のあるその香りが、パリのイメージになった。
今はお店もなくなり、メトロは禁煙になったけど、“メトロとビーズ”の匂いに出会えば、30年前に引き戻されそうだ。

メトロと言えば、10年以上前、RATPが[サンジェルマン・デ・プレ][モンパルナス][オペラ]などメトロの名をつけた香水(!)をRATPブティックで売り出した。でもその頃すでに“メトロは臭い”という先入観だか事実が行き渡っていて「え?シャトレ駅の匂い?そんなのやだー」と人気が出ず消えてしまった。無理もない。

香水大博物館の情報はこちらをどうぞ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ