FC2ブログ

譜めくりの女

Tourneuse de pages
『La tourneuse de page(ページをめくる人)』、ピアニストの横に座って楽譜をめくる女性のお話だ。この映画が日本に輸出されたら『愛と戦慄のピアノ』というタイトルがつきそうだ、と思っていたら、すんなり『譜めくりの女』になった。失礼しました!

ピアノの才能がある少女メラニーは肉屋の一人娘。コンセルヴァトワールの入学試験に備えて毎日練習に励んでいる。しかし試験は失敗に終わる。メラニーの演奏中に審査員長の有名ピアニストが、ファンにサインをしたため中断されたからだ。メラニーはその日からぷっつりとピアノを止めた。

10年後、メラニーはある弁護士事務所に研修生として入る。その弁護士はあの有名ピアニストの夫である。まじめな仕事ぶりがうけて、メラニーは弁護士の家に住み込み息子の世話をすることになる。お膳立ては整った。メラニーの復讐劇が始まる・・・

クロード・シャブロルが真っ青になるくらい巧みな心理サスペンス。いつもちょっとテンポのズレた役で笑わせるカトリーヌ・フロが演じる神経の脆いピアニスト。従順そうな見かけに、妙に鋭い視線がタダモノではなさそうなメラニーが二人ともうまく、無駄のないシナリオで、久しぶりにすごく面白いフランス映画だった。その上、3日間だけ3ユーロの特別料金中でさらにごキゲン!


スポンサーサイト



コメント
ブログ拝見させて頂きました。

面白そぉな作品ですねっ!!

是非観てみたいんですけど、

レンタル等されている作品なのでしょうか?
フランスでも封切りになったばかりの新作です。残念ながらDVDになるのはまだ先ですね・・・人間の復讐心をリアルに怖く描いた作品です。機会があったら是非!
私もこの映画、2週間くらい前に見たのですが、鳥肌が立ってしまうほど、とっても怖かったです。どういうわけか昔子供の頃に流行った「エコエコアザラク」というマンガを思い出してしまいました。

彼女の復讐のエネルギーをどこか別のところに活かしていたら、、、とふと考えてしまいましたが、そうしたら映画になってなかったですね。
ブログ楽しく拝見させていただいてます。昔は「難解」でしたフランス映画ですが、最近は楽しめる年になってきました。ミニシアター系の映画みたいですから、広島には来ないかもしれませんね。DVDを楽しみに待ってます。「スイミングプール」なんかもサスペンス仕立てで好きな映画です。パリ雑記、楽しみにしてますね♪
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
アーカイブ