猫とエンドウ豆姫

工事の穴は塞がったものの、セメントが乾いてから床板を敷きなおすのが残っている。セメント乾くのに2週間かかるので、居間にはまだ段ボールが並び、クッションが積み重なっている。
そこが猫のお気に入りの寝場所になった。

タマが寝ていたのに・・・

タマ

間もなくリュリュがゲット

リュリュ

「エンドウ豆姫みたいだ」と夫。
「ナニ姫??」
聞いたことがなかったこのアンデルセンの童話は、日本では『エンドウ豆の上に寝たお姫様』:
あるところに、本当のお姫様と結婚したい王子様がいた。彼は世界中を駆け巡り“本当のお姫様”を探す。お姫様はたくさんいたけど、みんな何かが足りなくて、王子様は失望してお城に戻った。
ある嵐の晩、ひとりのお姫様がお城の扉を叩いた。びしょぬれで、髪から雨のしずくがポタポタ落ちていたが、彼女は“本当のお姫様”であると主張する。
「確かめましょう」と王妃は、ベッドにエンドウ豆を一粒置き、その上に敷布団20枚+羽根布団20枚を積み重ね、お姫様の寝床を用意した。

エンドウ豆の上に寝たお姫様

さて翌朝。よく眠れたか?と自称”本当のお姫様”に尋ねると、
「ほとんど一睡もできませんでした。なんだか知らないけどベッドに硬いものがあって、身体中青あざだらけです」
20枚の敷布団+20枚の羽根布団を重ねてもエンドウ豆を感じるなら、彼女こそ本当のお姫様!王子は彼女を妻に迎えた。

何が言いたいだかよくわからん話だけど。第一、そんな過敏な人と結婚したら、毎日ラクじゃない。
とにかく。うちの2匹が本当の王子様(オスなんで)かどうか知らないけど、場所取りで叩き合いをするほどお気に召している。
「工事の後もこのままにするか」
「美しくはないけどね・・・」


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ