愛すべき(?)男たち

親友のアダムとご飯を食べる。前回、枝豆の皮まで食べた人。同じレストランに行ったので、食べる前に言わなくちゃと思ったら、既に遅し。皮はなくなっていた。
「画期的なことがあった」とアダム。
彼と奥さんのカリーヌは、結婚記念日じゃなくて出会った日を祝うことにしているんだって。もう何十年も。
「プレゼントを探して歩いていたら、Pont Louis Philippe通りで日本ブティックを見つけた。そこで素敵な浴衣を買ったんだ。
“出会った記念日”にプレゼントをテーブルの上に置いたら、カリーヌがびっくり仰天するんだ。開けないうちに。そして僕へのプレゼントをその横に置いた。なんとそれが同じ店で買った浴衣!」
「それはスゴイ・・・」
問題の店は草分け的な日本グッズの店、KIMONOYA。センスがよくて、私も時々プレゼントを買う。
でも、アダムもカリーヌもその店を知らず「たまたま見つけて入った」というのがスゴイ。

久しぶりに会う友人ブリューノと一杯飲んだ。と言っても、彼は「目下酒抜きダイエット中」なのでトマトジュース。
「そういえば去年会ったときも酒抜きだったじゃない」
「一年に一度するから1年ぶりだ。君はデヴィッド・ボウイの話ばかりしてた」
「じゃ1年以上だ」と私。
彼とは本と音楽の趣味が似ている。
「この前、真っ青なことがあった」とブリューノ。
彼は妻子持ちで息子さんはうちの娘と確か同い年。ある夕刻、浮気予定の相手と待ち合わせのカフェに行こうとしていたら、歩道でタバコを吸っている息子にばったり。
「息子が〇〇で企業研修をしていることは知っていたけど、住所を知らなかった。それが待ち合わせのカフェの隣だったんだ」
「アララ・・・“パパ、ここで何してんの?”って?」
「まさにその通り!とっさに“何だと思う?”って答えて時間を稼ぎ・・・」
「“君を迎えに来たんだよ”とか?」
「“君の職場を見ようと思って”。そしたら、クール!って喜んで、一緒に帰るハメになった」と大笑い。
「でもその時は冷や汗もんだった。彼女はすっぽかしたし」
悪いことはできないってこと・・・



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ