20日、シャンゼリゼ通りで犯人に打ち殺された警官、グザヴィエ・ジュジュレの追悼式典が25日に行われた。
オランド大統領の言葉の後「コンパニオンが追悼文」とニュースで聞いて、彼が、男性と暮らしていたとわかった。
同性の結婚を認める法案を通したのは、批判の多いオランド政策の中で評価される功績だ。

シャンゼリゼ通りで銃殺された警官を称える式典

シャンゼリゼ通りで銃殺された警官を称える式典

エチエンヌ・カルディルという伴侶が、何度も声を詰まらせながら読んだ追悼文には涙が出た。娘も「最後まで聞けなかった」
全文ではないけど:
「グザヴィエ、君はあの日、シャンゼリゼ通りの公衆の安全を守る任務を与えられた。102番地、トルコ文化会館の前。この種の任務が君は好きだった。シャンゼリゼはフランスのイメージ、あなた達警官は文化も護っているのだ。
その時、最悪のことが起こった。誰もが憂いているけど、絶対起こらないと思っている事態。君は銃撃に倒れた。・・・・・
その晩、私はひとりでうちに帰った。激しく深い苦痛とともに。これがいつか癒されるのかわからない。この痛みは、これまでになく君の同僚たちに近づけた。君と同じように黙って苦しんでいる同僚たちに。
私の苦痛に憎しみない。何か月か前に読み返したアントワーヌ・レリス(バタクランで妻を殺されたジャーナリスト)の言葉。僕を成長させ、そして今日は護ってくれる言葉:犯人を私は憎まない。
なぜなら憎しみは君に似合わない。君を任務へと駆り立てた情熱に似合わない・・・」

3日後、なかなか発言の機会がない父、ジャン=マリー・ルペン父が突然口を開いた。
アララ、首がなくなっちゃったじゃない・・・

ジャン=マリー・ルペン

「あれは殉職した警官へのオマージュじゃなくて、ホモセクシュアルへのオマージュかね?」
!!!!
「警官の彼氏の出席と、あの長々とした演説は、同性の結婚を制度化してしまうじゃないか」

娘マリーヌがせっせと脱悪役を図り、父を追い出し、自分は「国民戦線の立候補者ではない」とか言って、イメージアップしているとこへ・・・まるで、娘が壁を白く塗り替えたのに、ひびが入って地の色が見えちゃうみたいじゃない。結局マリーヌもジャン=マリーも地は一緒なんだ。
でも今度だけは父大歓迎。あと1週間、せいぜい暴言を吐いて、娘の脚を引っ張ってくれ!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
フランス大統領選、今回初めて観ますが、フランス国内にはそうとうなFNアレルギーがあるんですね。
娘ルペンにしてみれば「空気読めジジイ!!」
爺さんKY感満載ですね、ボケてるのかな。
お聞きしたいのは、フランス在住の方、EUの恩恵感じますか?
Re: タイトルなし
FNアレルギーはあるものの、ルペン娘が決選投票に残る=支持者も増えている、わけです。
親父ルペンは「マリーヌを支持する」と言った直後に、足を引っ張るような発言をするのでボケ始めているのかも。
鋭い質問・・・
日常にEUの恩恵を感じるのはエラスムス(EU内の学生・教員の交換留学+奨学金)くらいですけど、ヨーロッパは一丸とならないと世界に太刀打ちできない、という意識はありますね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ