猫の“秘密の庭”

うちは地上階なので、太陽が差し込んでくるのは春分の日から夏の終わりまで。
猫たちが日光浴の場所取りを始めると「おお、春が来た!」

タマ

日光浴に欠かせない段ボール。猫のデッキチェア。

タマ&リュリュ

4月最後の日曜日、朝市も晴れていたし、午後の中頃まで薄日が差していたけど、突然どしゃぶりになった。
娘が窓を閉めて間もなく、
「リュリュが窓から入ろうとして、鍵がかかっているのにびっくりして逃げていっちゃった。外出してるなんて知らなかった・・・」
娘はすぐ中庭に出て探したけど、リュリュの姿はなかった。
「鍵がかかってたんでこのうちに拒絶されたと思ったんじゃない?」
「まさか・・・どっかで雨宿りしてるよ」と私。

その後、私たちは映画を観に出かけ-ちゃんと窓を開け-夜9時過ぎに帰ってきた。リュリュはまだ帰っていなかった。
さすがに心配になってくる。誰かに誘拐された?表に出ちゃって帰り道がわからなくなった?車に跳ねられた?
田舎で捨て猫が車に跳ねられるのを2度も目撃しているのでゾッとする。

とりあえずご飯を食べ、夫に「ちょっと探してよ」と頼むと、すぐに帰ってきて
「いなかった」
「階段の上まで行ったの?」
「いや、下から呼んだだけ」
「・・・・」
建物は4棟に別れて階段が4つあり、それぞれ5階まで。階段の上で帰り道がわからなくなってるか、誰かのうちにお邪魔してる可能性もある。下から呼んだって意味がないのよ。
私はコートを着て、「もし万が一帰ってきたら電話して」と携帯を持ち、捜索に出かけた。リュリュ!リュリュ!と呼びながら1つ目の階段を探し終わったとき電話。
「帰ってきたよ!」と娘。
戻るとリュリュはガツガツとご飯を食べていた。
「どこに行ってたの ?!心配したじゃない!」
6時間の行方不明。雨は降り続いているのに全然濡れていない。
「妾宅があるんだろうか」と夫。

人間も概して男子のほうが多くを語らないけど、この子にも秘密の庭があるの?

リュリュ


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
はじめまして。
妾宅があるのだろうか。とのだんなさまの一言に笑ってしまいました。
リュリュちゃん無事に帰ってきてよかったですね。

はじめまして。
いつも楽しみにたかこさんのブログを拝見しています。7日の大統領選挙たのしみですね。また大統領選挙にまつわる色々なお話教えてください。
Re: mariemarie様
ありがとうございます。
野良猫だったリュリュはタマより野生的で無謀なんで心配しました。

5日後、オランド大統領に代わってエリゼ宮の住人になるのは誰?ハラハラします。
Re: りな様
本を読んでいただいて嬉しいです。お返事遅くなりました。
マクロン&ブリジットの恋の経過は、本人たちがちゃんと話したわけではなく、ネットや週刊誌が書いているので多少違いがあり、失礼しました。

> (1) 本にはマクロン16歳、ブリジット36歳で、年の差は20歳と書いてありました。こちらのブログには、歳の差24歳と書いてありますが、どちらが正しいのでしょうか。

2015年末の情報は20歳年上でしたが、ブリジットは4月に64歳になり、マクロンは今年40歳なので24歳違いが正しいです。16歳の頃は30歳過ぎはみんな”年増”に見えるものなんで、40歳の女性を好きになるというのはかなり稀ですね。

> (2) 本には「マクロンの両親が、この恋から遠ざけようと息子をパリに追い払った」と書いてあり、遠距離恋愛になったのかなと思いました。ブログには「いたたまれなくなった2人はパリへ脱出」と書いてあります。(2人同時期にパリへ行ったのでしょうか)どちらが正しいのでしょうか。

両親はマクロンをパリに送り、高校の最終学年とその後予備校の1年はパリで過ごしています。2人の関係が(マジに)始まったのはこの頃と言われます(マクロンがバカンスで故郷に帰ったとき?)
噂が広まり、ブリジットの家族が怒りだし、ブリジットはパリに赴任願いを出し、パリの市立高校の教師になりました。





> 細かいことを伺ってすみません。私も遠距離恋愛をしているので、気になってしまい…。
ご回答をいただき、ありがとうございます! モヤモヤがすっきりしました。
そして! マクロンが史上最年少のフランス大統領になりましたねー!! すごい! (日本でも、39歳の首相が誕生することってあるのでしょうか…)

以前たかこさんが、マクロンとルペンのことを「Beau gosse 対 こわいおばさん」と書いていらっしゃって笑ってしまったのですが、それ以降あの2人を見ると、私もこのフレーズが頭に浮かぶようになりました。笑
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ