やっぱり大勢が楽しい

毎年、私の誕生日は母の日(フランスの)の数日後。
「近すぎる」と息子。
「どっちも私が決めたんじゃない」
毎年、12月27日とかに生まれた人の苦労を実感する。
「母の日に贈った薔薇だけど」
「?」
「4本は母の日で、6本は誕生日ということで・・・」
・・・ということで誕生日。今年は友達をよびたい気分、でもペンテコステの3連休だから予定があるかも、と思いつつ声をかけたら、殆どみんな来てくれた。家族も入れて16人。

一度作って好評だった2つのサーモンのテリーヌ。簡単なんでレシピを書くと、
材料:生鮭350g
スモークサーモン150g
卵3個
生クリーム(液体状、Crème fleurette)250cc
シブレット1/2束
塩 2つまみ
エスプレット(トウガラシ)ひとつまみ

1.生鮭は皮と小骨を取り、一切れを3つか4つに切る。
2.シブレットは3-4㎝に切る。オーブンを180°にセット。
3.生鮭、クリーム、シブレット、塩、エスプレットをミキサーにかける。かけすぎるとムースになるので、粒々状で止める。
4.テリーヌ型に3の半量を流し、スモークサーモンの薄切り-花びらくらいの大きさ-を並べる(ここでスモークサーモンが沈むかと思ったら沈まない!)。残りの3を流しいれる。

鮭のテリーヌ

5.オーブンのプレートにお湯を入れ、アルミ箔で蓋をしたテリーヌ型を入れ(つまり湯煎状態)1時間。10分前にアルミ箔を取る。

友人のひとりが「だし巻き卵みたいで美味しい」。確かに、お総菜屋のテリーヌはずっとコンパクトだ。リキッド状のクリームを使うから?
娘の作品、チュニジア春巻き、ブリック。中はツナ、ゆで卵、玉ねぎ。シンプルでいくつでも食べられる。今回は鶏バージョンと2通り。兄貴に手伝わせて作った50個がまたたく間になくなった。

ブリック

Spotify を聴きながら野菜を切ったチュニジアサラダ

チュニジアサラダ

ワタシ定番の大鍋料理、オッソブーコのカレー。フランス人に味見させたら「これ以上辛くしないほうがいい」。ところが日本人は「これ、子牛のナヴァラン?(カレーなしの煮込み)」。味覚の差、歴然。

子牛カレー

ワインも随分空いたわね。最近ダイエットで飲んでいなかった夫が、ここぞとばかり飲んでいたくせに、空き瓶の林を見て「みんなよく飲んだね」だって。
楽しかった!来年が待ち遠しい?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
お誕生日おめでとうございます
長谷川様
楽しい、誕生会だったことが文面からも伝わりました!!
オーソブッコ、おいしそう!私は辛いもの好きなので、食べてみたい!

私は、5月のGWに、毎年、趣味のウィンドサーフィンをするために、
ハワイのマウイ島に行ってますが、そこで、その時期しか会えない友達とその友達とそのまた友達と。。。。という感じで、大勢の人たちと食事をする機会があり、大勢で食べるとおいしいなと、普段は一人暮らしだから、感じなくなってしまった食事の楽しさをしみじみ感じます。

長谷川さんが、ご親戚の方々やご家族、お友達と集まってお食事した時のお話しが、とても好きです。従弟のジャン=ピエールさんご夫妻とのパーティーの話は、特に好きでした。

Re: オワリ様
ありがとうございます。
一緒に食べる、その時間を分かち合うのは画期的なコミュニケーションだと思います。
後片付けが大変ですけど・・・
ウィンドサーフィン、かっこいいですね!
おめでとうございます!
タカコさん
遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます!
息子さんからのお祝いのバラの本数のお話、笑ってしまいました。
私も子供の頃、同じような事をよくしていて、「ちゃっかりさんねー」と笑われていました。
タカコさんのレシピのブログ、久しぶりで嬉しいです!
(私の記憶違いでしたらすみません)
好きなものばかりですので、今晩さっそくタカコさんのレシピで作ってみます!!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ