5月27日から始まったラマダン、イスラム教徒の断食期間。夜明けから日没まで飲まず食わず(水もダメ)、でも仕事はするので、大変だなぁと眺めていたら、この断食期間に太る人が多い、食費は+30%、総額3億5000万ユーロと聞いてのけぞった。

売り上げトップはブリック(小麦粉の皮)、デーツ(ナツメヤシ)、発酵乳、断食明けの夜食に欠かせない3食品。ツナの缶詰も普段の4倍以上の消費。そういえばこの前作ったブリックとチュニジアサラダ、どちらにもツナが入っている。

ラマダンは聖なる月で、お祝いでもあるから、日没後の食事は盛大で大量だ。3時間前から料理に取り掛かり、日没と同時にヨーイドンで延々と“食い溜め”をする。朝と夜しか食べないお相撲さんが太るのと同じだ。
娘は、ラマダンの時期にチュニスの友達(イスラム教徒)宅に滞在した。その年はラマダンが夏休みと重なったので、若い子は夜明けギリギリまで食べて、日中は寝ていたそうだ。日中、断食せず、夜は果てしない夜食に付き合っていた彼女は当然太って帰ってきた。

この“ラマダン中の食費増加”に目をつけたのが大手スーパー。ラマダンはここ5-6年、バカンスと被っていて、期間中にお里帰りするイスラム教徒が多かった。今年は丸ごとバカンス前、つまり3億5000万ユーロはフランスで消費される!
Intermarché/アンテルマルシェは「オリエントの市場」
Leclerc/ルクレール「オリエントの美味」
Auchan/オーシャン「オリエンタルの味をお手頃価格で」

ラマダン

おお!これは客寄せになるであろう・・・

ラマダン

ラマダンを謳っていないキャッチで、一般のお客にもアピールしようとしている。
ムスリムファッションを始めたブランドもあるし、すべてはビジネスに・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ