バカロレア哲学の試験の選択問題のひとつ、『幸福は探さなくては見つからないか?』の答えで、フランスのラップグループPNLの『Recherche du bonheur/幸福の追求』を例に出した生徒が何人か(何十人?)いて、「えっそんなのあり?」というツィートが飛び交ったそうだ。

PNLのふたり。「えっ!俺たちが哲学の解答に??」と言ったかどうか。

ヒップホップ/ラップグループPNL

パリの某高校の哲学教師がそれに答え、
「歌、映画、バンドデシネなど大衆文化を例に出すことは禁じられていないし、減点対象にはならない。問題は、それが適切に使われているか。つまりPNLを例に出したら、そこから建設的な意見に発展させる必要がある」
なるほど。
「でも、バカロレアの哲学試験は、論証する能力を試すと同時に知識を測るもの。だからデカルトとかソクラテスの例を出せば、PNLに差をつける」
Recherche du bonheurを聞いてみたけど、
「・・・・・汚い場所で幸福を探す
ヨー、嵐の中を航海して、
地面に額をくっつけても、俺は借金だらけ
飛び立つための羽根をくれ・・・・」
のような歌詞から“建設的な意見”を4時間に渡って書くのは至難の業に思える。

ディズニーの『ジャングルブック』でクマのバルーが歌う「ちょっとしたことで幸せになれる」は、「幸福」がテーマになる度に登場するそうだ(このアニメ、息子のお気に入りで何十回観たことか!息子だけじゃなかったのね)

ジャングル・ブック

「例と論証を混同している生徒が多い」と先生。
「『ジャングルブック』でモーグリの親友バルーが言っているように“ちょっとしたことで幸せになれる” 、では答えにならない。独断でしかない」(私だって書ける)
目下採点の真っ最中でこの手の解答に苛立っているらしい。
「この謙虚さ(日常にちょっとしたことに幸福を見つける)が幸福への鍵なのか?という展開が必要」
ふむふむ・・・

大学の頃、哲学科の学生が“現実離れしたことを勉強している雲の上の人”に見えたもんだ。若気の至り・・・
日常の色々なシーンで、哲学の知識の切れっ端や考え方が役に立つ、と最近思う。だから高校で、幸福、人間のルーツ、芸術の存在理由・・・などについて自分の意見を述べる訓練をするのは、羨ましいなぁ、と。
PNLや『ジャングル・ブック』の例を、「フランスのバカロレアも地に落ちたもんだ」と嘆く意見があるけど、身近な例で論証できたら、それこそ”身に着けた”ことになりません?



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ