FC2ブログ

アーランダ空港、全力疾走

帰る日。空港へは、中央駅から出るArlanda Express(アーランダ空港直行列車)に乗ることにした。
中央駅まで電車で15分、エクスプレスは15分置きで空港まで20分・・・1時間見れば大丈夫。出発1時間前の正午には着ける、という計算だった。間違いのもとは、中央駅でチケット売り場までたどり着く時間、チケットを買う時間を計算に入れていなかったこと・・・

時速175㎞まで出すアーランド・エクスプレス。料金は2人で約30ユーロ

アーランド・エクスプレス

しかもエクスプレスは出たばかりでフルに15分待ち、空港に着いたのは12時15分。しかもエールフランスのカウンターは空港の端っこ、その上、私たちの前にはベビーカーをチェックインしようとしている家族がいて、ついに私たちの番になった時、係員は、
「チェックインは終了しました」
「は?」
「あなたたち、10分遅れです」
「だってベビーカー家族が・・・」
「確かに。でも5分は遅れてます。それに飛行機はオーバーブック」
ウソーッ!5分以上待ったし、オーバーブックはそっちの責任でしょ!Eチケットに最終チェックインの時間なんか書いてないし、出発までまだ30分以上あるし、グチャグチャ・・・と2人でまくしたてたけど、あまり効果なし。
「変更できるんですか?それとも買い直し?」
「買い直しになると思います」
係員は、《オーバーブッキング(自分たちの非)》と《遅れてきた(こっちの非)》をしばし秤にかけていたが、「ちょっとそこで待ってて」と電話をかけ始めた。ドキドキしながら“そこで”待っていると、
「座席があるかどうか保証できませんが、この先にある《スペシャル・バゲージ》のカウンターで荷物を預けて、ゲートに行ってください。急いで!」
ヨーイドン!と私たちは、空港の反対の端っこにある《スペシャル・バゲージ》へ全力疾走し、スーツケースを預け、ゲートに向かうと、怖そうなオバサン職員が「ボーディングパスがないと通せない、Eチケットではダメ」。
ここで夫は諦めかけた。もう走れん。あなた、しっかりして!(なんて言わなかったけど)
私はエールフランスまで駆け戻り、ボーディングパスをゲット。怖いオバサンも今度はOK、ところがセキュリティチェックのゲートで私たちの前にいたマフィアっぽいオジサンがピーピー鳴りまくり、係員が触ったり脱がせたりし始めた。ツイてないときはツイてない。

ようやくマフィアが釈放され、セキュリティを通過してゲートに駆け付けると、
「あなたたちが来ないから、待っていた2人を今乗せたとこ」と女性係員。
ガーン!
「でもスーツケースが・・・」
スーツケースが乗ったからには私たちを乗せないわけにはいかない、と思っていたのに、
「降ろしました」
それはご丁寧に・・・
「オーバーブッキングですから、次の便にトランスファーしますね」
自らの非をすぐに認める素晴らしい女性!
「次の便は19時25分です」
新たに買い直さずに済んだけど、6時間以上、空港で暮らすってこと?
目の前で、私たちを乗せない飛行機がゆっくり方向転換を始めた。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント
お疲れ様でした
長谷川さん こんにちは
臨場感溢れるブログで、私も、汗かきそうでした!
今年の冬に、ジュネーブからの便が雪で送れて、シャルルドゴール空港発日本行きの便に、危うく、乗り遅れそうにはなったのですが、そこは、さすがは日本のJAL!ちゃんと出口には、職員の方がプラカード下げて、「オワリさま!こちらです!!!!」と待ってくれまして、一緒に端っこの搭乗口まで、走ってくださり、難を逃れましたが、そんなのは、今回の長谷川さんに比べたら、なんということはない話でした!

お疲れ様でした。ゆっくり、休んでくださいね。

Re: オワリ様
さすが日本のJALですね!
エールフランスはオーバーブッキングをよくやると聞きましたが、なんか障害物競走みたいでした。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ