空港で半日暮らす

さて6時間つぶさなければ。ストックホルムは45㎞の距離だから戻ってもしょうがない。
14の島からなり30%が海、瑞々しく素敵な街で、私たちはヘルシンキより好きになった。
お城はちょっと陰気だけど、市庁舎が美しかった。

市庁舎の上からの眺め

ストックホルム 眺め

眼下の超デザインな建物がセントラル・ステーション

ストックホルム 眺め


空港ロビーの椅子に座って、しばし全力疾走の疲れとストレスを癒した私たちは、とりあえずお昼を食べよう!空港に隣接するSky Cityに赴く。ちょっと歩くけど時間は売りたいほどある。
ここでもメニューの数は少なく、スェーデン名物(!)ミートボール、ハンバーガー、シーザーサラダ・・・

必ずキュウリのひと塩とレッドベリーがついてくる。肉団子(ごく平凡な)とマッシュポテトで20ユーロは高い。

ストックホルム 食事

シーザーサラダも定番メニュー。ここのは鶏がから揚げになっていて一番美味しかった。約20ユーロ。

ストックホルム 食事

ヴァーサ博物館近くで食べたスモーガスボード。黒パンの上に「わー海老たっぷり!」と喜んだら、分厚いマヨネーズの上げ底になっていた。これが18ユーロは詐欺・・・

ストックホルム 食事

ストックホルムも物価は高いけど、ヘルシンキより微かに安いのでは。
お昼の後、免税品をウロウロしたり(あと4時間)
あらイブラヒモビッチさん、香水まで作ったの?(あまりいい香りじゃなかった)

イブラヒモビッチ香水

いつも慌ただしく通過する空港は、”旅立つ人と帰ってくる人がすれ違う、物語のある場所”で、ここに一日座って観察したら面白いだろう、と思っていた。実際やってみると、そんなに面白くない。スーツケースを転がしながら人が行きかうだけ。
『ザ・ターミナル』のトム・ハンクスを思い出した。

読みかけのミステリーを読んだりしたりで(あと2時間半・・・)
やっと私たちを乗せた飛行機はロワシーへと飛び立った。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ