億万長者の米大統領が好きじゃないフランス人は、“エマニュエル・マクロン、トランプ氏を革命記念日に招待”に「えー !?」「なんでー ?」と騒いだもんだ。
7月14日の軍事パレードで、2人は並んで座り、こんなに寄り添う場面も。

マクロン夫妻&トランプ夫妻
photo:le Figaro

今度はマダムに寄り添う・・・

マクロン夫妻&トランプ夫妻

「国際政治舞台の不思議なカップル」とNYタイムズ。「貿易、移民、地球の温暖化について顕著な見解の違いを、彼らは過小評価しようとしている」

マクロンがトランプを招待した下心(のひとつ)は、“地球温暖化に対するパリ協定離脱をなんとか翻させよう”だ。
パリでの歓待に満足のトランプ大統領は仏大統領との関係は「very good」(この人の使う形容詞は限られている)で、「パリ協定について何か起こるかもね」とほのめかす。
The Independent紙は「パリ協定離脱決定の逆転に、扉を開けた」と期待するが、あまりにコロコロ変わるトランプ発言に、喜ぶのは早いという声が多い。

さて、その前日 、マクロン夫妻がトランプ夫妻をアンヴァリッドに案内した時、

マクロン夫妻&トランプ夫妻
photo:AFP

ブリジットに「あなたは大変お元気そうだ」とトランプ氏・・・ここまではいいけど、彼女のボディを指さして「素晴らしい!」と付け加えるのを忘れなかった。
このセリフが“行きすぎ”と批難の雨。これまでも女性をオブジェと見るような発言で叩かれたトランプ氏、全く懲りないわね。

夜はエッフェル塔のジュール・ベルヌ(シェフ:アラン・デュカス)で“ケチャップなし”の夕食。
メラニア夫人はトリコロールのドレス

マクロン夫妻&トランプ夫妻
photo:orange actu

NYタイムズは「トランプ氏の嗜好-ステーキにケチャップどっさり、チーズバーガー-を知る者には驚くべき夕食」
その驚くべきメニューとは:
-パテ
-野菜のファルシ
-舌平目のオランデーズソース
-牛フィレのロッシーニ風(フォアグラとトリュフ添え)木苺ソース
-スフレ・オ・ショコラ


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
いつも、楽しくブログを拝見しています。(数年前からの隠れファンです)
そして、初めてコメントさせていただきます。
我が国の大統領、なんとかならないんでしょうかねえ。フランスの革命記念日にそちらへお邪魔していたのは、ラジオで聞いて知っていましたが、本当に冗談でしょ?って感じ。
こちらの科学者達は、研究費が削られてしまうのでは?研究が継続できないのでは?って、色々と考えているんです。でも、中国政府が、多くの研究者を自国に招待しています。友人達の数年は、現在、サヴァテイカルを利用して、中国に1年行ってしまいました。
3月に行われたサイエンスのマーチにも、多くの友人達が参加。非常に危機感を抱えております。

PS:我が家には、3匹の猫がおります。
Re: キャットラヴァー様
コメントありがとうございます。

トランプ大統領、ロシアゲートでなんとかならないもんでしょうか。
4年も居座られたら大変ですね・・・

コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ