寂しくなった朝市

エルザおばさんの八百屋は6月末に。チーズ屋のクリストフ、肉屋のブリューノは7月半ば・・・次々にバカンスで6週間の店じまい。朝市のあちこちにぽっかり穴が開いている。
長すぎ!と最初は思ったけど、彼らの労働時間を聞くと、それぐらい取らないと割りが合わなそうだ。

11区(バスティーユ)と13区(オーギュスト・ブランキ)の朝市に出しているエルザおばさんは「10時に起きる」
なーんだ、私と一緒、と言いそうになったら、夜の10時なのだ。トラックに野菜・果物を積み込んで、パリ近郊の町からまず13区に着き、店の準備。旦那さんを残し、エルザがバスティーユに着くのが午前4時頃。「たいてい私が一番乗りだね」
店員さん5名が到着し、野菜・果物を綺麗に並べ、値段をつける。最初のお客は7時すぎにやってくる。

これだけ準備するのに2時間はかかるそうだ。

パリの朝市

浮気せず、20年近く通っているこの八百屋で、私はVIP待遇(!)。コリアンダーやミントの香草はタダだし、いつも何かプレゼントしてくれる。最近ではイチゴを買ったことがなかった。

チーズ屋のクリストフは、午前2時起きで5時に到着。バスティーユの朝市は14時近くまでやっているから店をたたんで帰り、チーズたちを冷蔵庫にしまうと18時近く。なんと長い一日。

さて“行きつけ”を失った私は、デフォルトで残っている店に並ぶ。「どうせ数週間のお客」とぞんざいに扱われるか、「夏の間に新規客をゲット!」と愛想がいいか、態度は真っ二つに別れる。

生牡蠣&白ワインの立ち食いは中国人観光客に人気。

パリの朝市

かって牡蠣はRのついた月だけと言われていたけど、これはルイ15世が決めた(つまり冷蔵庫がなかった時代)ことで、衛生上は夏でも食べられる。でも夏場は不妊の牡蠣で味が違うとか。牡蠣が雌になったり雄になったりできる器用な生き物とは知らなかった。

休暇の商店の場所は服やアクセサリーの店になる。

パリの朝市

寂しくなった朝市でパッと華やか花屋さん。オランダからくる花は新鮮で安い。

パリの朝市

最近のお気に入りは大輪のアジサイ

パリの朝市

こっちは10日以上持っている。

パリの朝市

茎を斜めに切って、中の白い部分を取り除くと長持ちすると教わった。
そう、朝市で面白いのは専門家の知恵やコツを教えてもらうことだ。おまけも嬉しいけどね。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
私もパリにいた頃は、ヴァカンス中の「代わりのお店」に毎度苦労しました。
お魚屋さんで、品揃え豊富、店員大勢、
日本人にも評判がよくいつも大行列のお店が1軒ありましたが
普段私はそこに通っていませんでした。
しかし馴染みの店のヴァカンス中しょうがなく並んでみました。
結果は…やっぱり一見さんにはハードルが高いというか
「馴染みの顔」との阿吽の呼吸が向こうもこっちも定着していて
間合いがうまくとれない感じで心地悪く帰路につきました。
お店側は決して意地悪なわけじゃなくて
私の気持ちの問題なのかもしれませんが。
ヴァカンスシーズンの度に難民になって各店を転々としていました。
マルシェにデビューした頃の緊張感を思うとなんてことないじゃないと
自分を叱咤しますが、慣れというのは怖いものです。

帰国後はパリに旅行する度にマルシェにも顔を出して馴染みの店に並んだり
買わなくても挨拶に行ったりしています。
みんな笑顔で出迎えてくれるのが嬉しい限りです。
Re: タイトルなし
些細なことで激しい喧嘩、うちもよくやります。
「もう別れる!」「ああ別れよう!」みたいな激しいやり取りになって、ところが敵はその10分後にいびきをかいて寝てたりします。それでこっちは余計に腹が立つんですが。
思うに彼らは、言いたいことをオーバーに爆発させるので、そのあとスッキリ、ケロッとして後に残らないんじゃないかと。
こっちはそういうメカニズムに育っていないので、即スッキリとはなりませんが、敵の激しいセリフを文字通り取らなくはなりました。
ボン・クラージュ!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ