8月はリバイバル

東京から戻ると、パリは天気が悪く、寒く、閉まっているお店が多く、夜歩くと、明かりのついていないアパルトマンばかり。
風通しがいいのは確かだけど、この街の短い夏は終わっちゃったのね ・・・

映画も8月はろくなのをやっていない。その代わり、昔の名作のリバイバルがお奨め。
ポンピドーセンター近くのMK2 Beaubourgではルイス・ブニュエル特集をやっている。
『ブルジョワジーの密かな愉しみ』
“密かな愉しみ”なんて言われると、ほんとに密かなことを想像してしまうけど、全然そうではない。

『ブルジョワジーの密かな愉しみ』ルイス・ブニュエル

友人宅に夕食に招待された男女4人が運転手つきの車で到着する。屋敷に入ると暖炉に火はなく、テーブルセッティングもできていない。間もなく現れた女主人は、
「あらご招待は明日の晩よ」「そんなはずはない、明日の晩、私は約束がある」「今夜は夫がいないから間違えるはずがないわ」
というやりとりの後、「この近く(屋敷があるのは人里離れた田舎)にホテル兼レストランがあるからそこへ行こう」
ところがその店でも食事ができない。
着飾って連れだって食事にでかけては、ことごとく邪魔が入って延期になるブルジョワ6人。
自分たちの小さい世界とその価値観しか見えないブルジョワジーをユーモラスに揶揄していて、その間に挟まれる彼らの悪夢や、兵士の物語る逸話はシュールだ。1972年の作品は少しも古びていない。
『去年マリエンバードで』のデルフィーヌ・セイリグ、『バベットの晩餐会』のステファーヌ・オードラン(クロード・シャブロルの前妻)がとっかえひっかえ着るドレスも見もの。
『Le charme discret de la bourgeoisie』
1時間42分

他に『昼顔』『欲望のあいまいな対象』などなど上映中。

同じMK2 Beaubourgで北野武特集。娘と『HANA-BI』を観に行く。

「物悲しく可笑しく、暴力的で瞑想的」というキャッチ、まさにその通り。

『Hana bi』北野武

腕のいい刑事、西(ビートたけし)。コンビを組んでいた同僚の堀部が撃たれ、車椅子の生活になってしまう。西はその犯人を追い詰めるが、部下が殺される。西は犯人を撃ち殺し、死体に何発も打ち続けた。
西には、余命いくばくもない妻(岸本加代子)がいて、入院費や何やらでヤクザに借金をしていた。妻に最後の旅行をさせようと計画する・・・

殆どしゃべらず、無表情な西。死にかけている妻、半身不随になり妻子に去られた同僚、借金返済につきまとうヤクザ・・・とお先真っ暗の中、ちょっとズレたギャグがポンポンと挟まれる。もう何年も見ていなかった北野の映画の強い個性。
『菊次郎の夏』『キッズ・リターン』もかかっている。

帰り道、娘が、
「たけしって魅力的」
「すごい存在感」
「セクシーだわ」
「 ?!」
たけしは美男とは程遠いし、黙って座っていればちょっとヤバそうなふつうのオジサン。
彼にセクシーという形容詞をつけるとは、なかなか男を見る目があるじゃない・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ