『日本人なぜ休み下手?』

という記事が毎日新聞(デジタル)に載っていた。
“プレミアムフライデーを利用する人が少なく「見直すべきだ」と言われている。政府は来年度から子供の夏休みを別の時期に移し「キッズウィーク」(なぜ全部英語なんだろう?)という大型連休を始めようとしているけど、既に「子供に合わせて休みは取れない」など批判が噴出・・・”
その原因のひとつとして「若いころから休まずに働くことが普通だった人が今管理職についている。上司が休まないから部下も休めない」と分析している。
つまりいくら政府がいくらお膳立てをしても、「3時になりました。帰ります」と言いづらい職場の空気、上司&同僚の目があるということ。
「フランスや北欧の人から見れば滑稽だろう」
滑稽とは思わないでも、理解に苦しむだろうね。
ヴァカンスがあるからこそ、フランス人は毎日仕事をし、
定年&年給があるからこそ、あと1年、もう1年と仕事を続ける、と言っても言い過ぎではない。

8月最後の週末、パリに戻る車の渋滞

ヴァカンス帰り 渋滞

記事中、東工大教授の上田紀行さんの意見に同感した。
「日本人の場合、休むことの意味そのものが確立していない。(・・・・)休暇自体が人生の楽しみだという発想が乏しい」

退職した友人夫婦はあちこち飛び回っていて、仕事をしていた頃より会えなくなった。久しぶりに会ったら前より生き生きしていた。
先日会った友人は、「あと何年で定年」と「もういくつ寝ると・・・」みたいに言っていた。
彼らは、若いころから趣味、余暇に“投資”しているから、仕事をやめても退屈していない。
遊んだり休むことの“豊かさ”を、私も住むようになって経験した。

一方、日本では「休む=怠ける=よくない」という公式が刷り込まれていて、このメンタリティを変えるのは恐ろしく時間がかかる。待っていられない。
上田氏の言われるように「有給消化しない会社に罰則」、だけでなく、消化しない社員は減給、みたいに形から入っていくしかないだろうか。誰かが大型休暇を取るのを待っていたら、いつまで経ってもこのままだ。
あと、高校から哲学をカリキュラムに入れる?
フランスの教育で一番羨ましいと思うのが哲学の必修だ。
「人間の幸せとは?」「なぜ生きているか?」とか考えさせられると「仕事だけが人生じゃない」「自分の人生、他人の目なんか気にしてられるか」と思えてこないだろうか。
ま、フランス人が好き勝手なことをして、同僚全員が残っていても心置きなく帰り、4週間休んでもひとかけらの罪悪感も持たないのは哲学のせいだけとは思えないけどね。
(毎日新聞のこの記事は会員登録しないとアクセスできません。無料登録すれば月10ページまで読めます)


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
日本でも若い人の間では、仕事最優先ではなくて人生を楽しみたいと思う人が増えてます。
ただ40代以上の人たちにはまだまだ仕事が最優先、仕事のために生きてるって人が圧倒的に多いので休みなんて取ろうものなら文句言われまくりです。
子どものために自分の仕事を早く片付けて帰ろうとする人を非難する社会ですからね・・・。理由は、仕事が早く終わったなら他の人を手伝うのが当然だからだそうです。ありえないですよ。
本当は内心休みを取りたい、趣味で人生を楽しみたいって思ってる人はたくさんいるんです。
楽しみ方を知らないんじゃなくて、それを許さない空気が社会に蔓延してるのが大きいんじゃないかと思います。なぜか日本は全員で苦しむ方を選択するんですよ。震災直後の自粛の流れとかその最たるモノかなと。
お互い助け合って生きていくが、苦しみも共有するになってるのが怖いです。
Re: mimi様
> 楽しみ方を知らないんじゃなくて、それを許さない空気が社会に蔓延してるのが大きいんじゃないかと思います。なぜか日本は全員で苦しむ方を選択するんですよ。震災直後の自粛の流れとかその最たるモノかなと。

言われる通りと思います。その”空気”を変えるのはどうしたらいいんでしょうね・・・日本人はもっと生活を、人生を楽しむべきと思いますが。

確かに…
休むのは悪…的な雰囲気がありますね…。
うちの会社では多分私が1番長期休みを取る方なのですが、それでも1週間です。
有給休暇は毎年湯水のように消えていきます。
会社が有給休暇を買い取らなければならない制度になったら、会社はお金を払いたくないから休めると思うのですが、労働基準法的にはダメなんでしょうねえ…。

こんな日本に誰がした?
こんな日本に何故なった?
高度経済成長を乗り越えるには、仕方がなかったんでしょうか?
長谷川さま、初めまして
いつも楽しく読んでいます。

日本人の休み下手って宗教に関係しているのかな?と思います。
安息日って概念はないし、仕事で休みなく身を削る(過労死?)って禅宗の修行に近いのかなと。
フランスに留学した時に日本人の仕事観
(上司より先に退社できない、女性がお茶を入れるなど)は理解されませんでした
Re: 確かに…
ひよこ様

もともと勤労は美徳(「働かざる者は食うべからず」!)という精神があったとこへ、国民ががむしゃらに働いて高度成長を成し遂げたので、価値観が定着してしまったんでしょうね。
でも今、そのバランスを欠いた価値観が、過労死や自殺、定年後の自殺、少子化などを招いているわけですよね。
労働法改正を考えたほうがいいんじゃないでしょうか。
休むといっても国土が狭く、安心して気晴らし、休めるような安定した外国も近くにない…。文化は地理的要素が大きいと個人的には思います。日本はどうしたってアジア圏だから働くのが善という考え方が根底にあると思う。近くの国もそんな感じだし。
Re: 名無しさま
地理的要素というのは考えつきませんでした!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ