試着は危険!

オペラ座の左手にお店を開いた高級カシミアニットのブランド、ラナ・ディ・カプラ。ロロ・ピアーナから仕入れたカシミア糸、ヒルカス山羊の下毛を使っている、と言われてもすぐにはピンとこない。
ロロ・ピアーナは日本にもブティックがある、知る人ぞ知るイタリアの最高級ウール・カシミアニットブランド。エルメス、シャネルと同じカシミア糸と言われるとさらにわかりやすい。1頭からわずか100gしかとれない希少な毛で、その結果ロロ・ピアーナのタートルセーターは1400ユーロ!
ラナ・ディ・カプラのカシミアセーターは約半分の値段(それでも高い)。デザインがクラシック(Vネック、丸首、カーディガン)じゃなくて、一度見てみたいと思っていた。先日オペラにいたら突然土砂降りになり、私は迷わずラナ・ディ・カプラに飛び込んだ。

色が綺麗。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

カラーバリエーションがこんなにあって「このモデルをこの色で」とオーダーできる。オーダーは3-4週間、外国にも送ってくれる。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

このモデルが人気はちょっと意外。「イタリア人が好き」と聞いてなるほど。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

フランスでcamionneurと呼ばれているプルオーバー。トラック(camion)の運転手が着ていたからこの名前になったけど、女性が着ても素敵。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

これもメンズ。ツインセットにできる。

カシミアニット、ラナ・ディ・カプラ


デザイナーのシャルレーヌ、しょっちゅうお店に出ているそうだ。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

“ちょっと見るだけのつもり”だったけど、来たからには試着してみよう。特に惹かれたこのブルーを・・・

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

それが間違いのモトだった。肌触りが違うし、サイズが細かくある(XS~XXL)ので身体にピッタリ。肩のスリット(?)も素敵。丈が長いのでスカートの中に入れても出てこないし、パンツにも合う。
脱ぎたくなくなった。
「高い(700ユーロ)けど一生ものよ!ロロ・ピアーナと比べたら半額じゃない」「9月は新年度で物入りだから・・・」の2つの声に引き裂かれる。
クリスマスに誰かに贈らせよう、という結論に達し、やっと脱いだ。
これだから試着は危険だ。でもやめられない・・・

公式サイトはこちら。でも値段は表示されていない。プルオーバー700ユーロ~、ワンピース1000ユーロ前後、メンズは800ユーロ~



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
コメント
素敵
すごく素敵ですね。
デザインも色も、そして本当に上質な素材…。
たかこさん、デコルテがお綺麗ですね。
本当に似合っておられます。
クリスマスに是非誰かからプレゼントされますように…。
Re: 素敵
あら、嬉しい!
胸がないのでデコルテはコンプレックスです。
”谷間”ができる人を羨ましく思っています。
素敵です!
とっても素敵です!!
そして何よりつけておられるネックレスがもう素敵すぎです!! どちらのものですか?よろしかったら是非教えてください。
華やかでいて、決して派手ではない、深みのある発色ですね。
華奢で綺麗なボディーラインが羨ましいです。
前の方が、コメントにも書かれていらっしゃいますが、身につけていらっしゃるシルバーのネックレスを見て、パリ在住のかたのセンスはちがうなっと感心しました。
Re: まりこ様
褒められて嬉しいです!
太いチョーカーは20年以上前にプレゼントされた、確かデンマークのジョージ・ジェンセンので、ずっと大切にしています。
細い方はディン・ヴァンのmenotte/手錠。名前の通り、外すのが大変なんでつけっぱなしです。
Re: 恵子さま
ありがとうございます!
そういうことを言ってくれる人がいないので、赤面ですが嬉しいです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ